スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの庶民にもメリットのないTPP

アメリカの貿易赤字が解消されないのは、
自国の産業を自由化によって、途上国の安い製品により
自国の産業を衰退させ、金融取引というバクチだけでGDPを稼いでいたためです。

今アメリカには、ほとんど製造業が残っていません。
残っていると言える産業は、特殊な航空機と宇宙、軍需産業、
IT産業はといえば、IBMはレノボに製造部門を売り渡し、
CPUやMPUの設計はしていても、製造自体はアジア任せです。
アップルのiPhone 、iPadもアメリカでは製造していません。

それ以外の、農産物は、今も世界的な輸出国ですが、
第一次産業の付加価値の低さは、世の多くの人が知っている通りです。
輸出入の貿易量が同等であったとしても、
すぐに10倍ぐらいの利益の違いが生じてきます。
これは、これまで先進国諸国が、かつて植民地だった途上国との貿易で、
途上国の利益を吸い上げてきた原動力です。

オバマ大統領は、今更ながら、製造業の再発展を目指し、
アメリカの自動車産業のてこ入れをしていたりしていますが、
遅きに失している感があります。
車の製造には、周辺の産業も復活しないと成し得ません。

現状、車の売り上げが伸びたとしても、部品を輸入に頼っていたのでは、
かつて日本が海外に工場を持っていった時に、
組み立て工場だけを建てたのに似ています。

そもそも、現在はほとんどのマネーが一部の資本家に巻き上げられていて
政府が量的緩和を繰り返し、ドルの価値は失落させてしまったため、
庶民は、デフレに次ぐデフレで、購買する能力がありません。
それは今、アメリカの全産業を覆い、庶民の生活を苦しめています。

オバマ大統領は、ドルが安くなれば、必然的にアメリカの製造業は強くなると考え、
自由貿易の中で、ドル安誘導をしているようですが、
それは、米国政府の破産時期をたぐり寄せているに過ぎません。

結局、ドルが安くなるということは、最下層の作業者の給料が安くなるということで、
それは、作業員にとっては物価は上がるのに自分の実質賃金は下がり続けるという
状態を生むことになります。


結局、TPPはアメリカのほとんどの国民にもメリットはなく、
バクチ金融界の胴元をしている
ごくごく一部の資産家だけを儲けさせることになります。





TPPはアメリカを救うか?
実はアメリカ人にもあんまりメリットがないTPP~買収された民主主義~




【海外ネタ】アメリカ人だってTPPには反対だ!―アメリカによる反TPPの意見




TPP最速最強の解説CommentsAdd Star
牧村しのぶのブログ > 2011-10-21




「TPPは社会的共通資本を破壊する!」宇沢弘文東京大学名誉教授
杉並からの情報発信です 2011-11-01 20:39:12



スポンサーサイト

テーマ : TPP
ジャンル : 政治・経済

検察が腐敗した経緯

小沢裁判の状況が
検察側の証拠としてきた石川秘書の調書の却下から
大きく無罪に傾いてきています。

それと共に、検察の組織ぐるみの犯罪ではないかとの嫌疑も浮かび上がり、
今後どのように展開していくか、興味深い状態となってきました。
何が問題なのか、ネット上にある文章では分かり辛かったので、
時系列的に起こったことを整理してみました。


主な流れは、
2001年、三井環氏の検察裏金についての匿名告発とそのもみ消し、
2002年、三井環氏が実名告発する直前に投獄
2004年、日歯連闇献金事件で三井環氏の件で検察に恩を売っていた野中氏起訴猶予
2007年、安倍晋三、総連会館の件で公安調査庁の緒方元長官を詐欺に仕立てて逮捕
2009年、裁判員制度を強力に推進し、可視化法案の成立を否定
2009年、当時支持率10%の麻生総理が、大久保秘書逮捕を敢行させた。
2009年8月、政権交代、政権は民主党に移る。
2010年3月、押尾事件で、森元首相の息子の関わりが隠蔽される。
2010年4月、香川保一理事長スキャンダルをうやむやにする。
となっています。




検察の腐敗は、検察幹部の裏金問題に始まります。
それを内部告発したのが三井環氏です。


三井環氏は捜査の統括責任者をしていた加納駿亮氏の面子を潰したことがある。
それで恨まれ、人事や給料での嫌がらせを何度も繰り返し受けていた。
それを恨み、三井氏は検察首脳が組織的に行う裏金作りとその乱用について、
加納氏をターゲットに、最高検察庁に匿名で2001年10月に刑事告発をした。

しかし、検察の裏金は、検察組織全体に関わることであった。
当時の原田明夫検事総長は、2001年11月ろくな捜査もせずに、
「嫌疑なし」とし問題の幕引きをした。

当時、法務省は加納駿亮氏を福岡高検検事長に法務大臣に上申していた。
当時は外務省が裏金問題で、外務省が猛烈にバッシングされていたこともあり、
森山法務大臣は、加納が刑事告発されていることを理由に、この人事に難色を示し、
その人事が滞っていた。
そこで、原田検事総長と松尾邦弘法務事務次官、古田佑紀刑事局長が
後藤田正晴元法務大臣の事務所を訪ね、
加納人事が承認されないと裏金問題で検察がつぶれると泣きを入れた。
それにより、政権側も、検察の裏金隠しに共謀し、表面的にはうまく納めた。
それが小泉政権時代に生まれた検察と政権の癒着関係を決定づけた。

2002年3月、三井環氏は野中広務氏に検察の裏金の話を打ち明ける。
そして、その情報を元に、野中広務氏は法務省に「貸し」をつくった。
2002年4月、三井環氏が匿名では告発できないと腹をくくり、
実名でテレビ朝日「ザ・スクープ」の取材を受ける直前に、
その三井環氏は逮捕される。


2004年7月、日本歯科医師連盟による診療報酬を巡る汚職事件、
俗に言う「日歯連闇献金事件」が発覚する。
しかし、献金を受け取った場にいた橋本龍太郎、青木幹雄は不起訴、
関与が明かだったにもかかわらず、野中広務氏は起訴猶予になり、
その場にいなかった村岡兼造だけが在宅起訴となっている。


2007年6月安倍晋三総理大臣は拉致問題で、総連会館も潰したと思っていた。
しかし、あろうことか公安調査庁の緒方元長官が総連会館を買ってしまう。
緒方氏は、総連会館は大使館機能があり、将来、日朝関係に悪い影響を与える
という公的な思いで潰されることを阻止するつもりだったという。
法務省も公安調査庁不要論なども出ているさなか、予算が削られては困ると、
特捜が動き、無理矢理こじつけて緒方氏を詐欺で逮捕している。


2009年3月、当時、検察は裁判員制度を強力に推進し、可視化法案の成立を否定した。
他方、民主党は裁判員制度を見直し、可視化の推進を主張していた。
検察が守ってきた「選挙に影響させない」という不文律を破らせ、
当時支持率10%の麻生総理が、大久保秘書逮捕を敢行させた。



2010年3月
「押尾事件」では、森元首相の息子が関わっており、
事件当日監視カメラに写っていたとの噂がある。
そのことから、もしそのことが明らかになれば、
森喜朗氏は議員生命を失うとされていた。
しかし、捜査はのらりくらり、
事件が矮小化されているという世間の批判を受け鑑識のプロとして、
西沢康雄警視正が、「押尾事件」を途中から捜査を指揮した。
押尾被告はあくまで無罪を主張していたが、
参議院議員の秋元司議員が国会で追及することが決まった直後に
西沢康雄捜査一課長が更迭された。
西沢氏の不倫スキャンダルが掲載された週刊文春の発売日の一日前のことである。



2010年4月、民主党千葉法務大臣当時の
「香川保一理事長スキャンダル」での取引

社団法人民事法情報センターが、理事長の元最高裁判事の香川保一氏に対し、
無利子・無担保で1500万円を貸し付けていた。
それは、事業仕分けで発見されていた。
それをマスコミに報じられ、国会でも取り上げられたが、もうやむやになってしまった。
このとき千葉法務大臣は自分一人ではどう処理して良いか分からず、
民主党政権の弁護士資格を持つ有力閣僚(おそらく仙谷由人)に相談し、
その者が、このスキャンダルをもみ消すことにより法務省に貸しを作ったことになる。

2010年7月千葉法務大臣は、これまで死刑に反対し続けていたにもかかわらず、
死刑を執行している。
この動きから見ると、当時の千葉法務大臣は、
何らかの弱みを司法に握られていた可能性が高い。



この国の実相は「三権癒着」であり、時の政権と司法が取引して国家的モラル崩壊を拡大してきた!
日々坦々25/02/2012



「東京地検特捜部の不祥事を国会で追及 直ちに捜査に着手せよ
★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK126 > 2012 年 2 月 23 日





現在、検察のみが組織腐敗を疑われているような状態ですが、
抽選ソフトを使って検察審査会の人選を行い、
その結果を誘導した最高裁事務総局も、きちんと捜査されるべきだと思います。

検察だけでなく、司法も腐っているから、小沢氏の3人の秘書が
裁判内容では勝っていながら、
推定有罪という判決を受けることになったんじゃないでしょうか?
組織というのは、頂点が腐ってしまえば、その下部組織は必ず同じように腐ります。




ラ・ターシュに魅せられて 2012/02/24
最高裁は法の番人? コレ見て下さい! ホントは法の犯人だってことが判るでしょ? 最高裁事務総局




誰も通らない裏道 2012/02/22
不毛な三年間で 法務・検察の闇を暴き切った小沢一郎の功績
そして小沢有罪待望論!?





批判者を沈黙させる 
マスコミに載らない海外記事 2012年2月23日 (木)



テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

グーグル、ツイッター、フェイスブックにご用心

ネット界の両雄(グーグル、ツイッター)が、自発的に検閲を行うと発表
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1100.html

ツイッターが、それぞれの国の制限に基づいて、ユーザーのメッセージの検閲を始めます。
グーグルもそれに追従し、同社の検索や電子メールなど60以上のサービスで
収集する個人データをひとまとめにした上で、
ポスト(ブログへの記事のアップやコメント投稿など)の検閲を始めることになりました。
Gメール、ユーチューブ、グーグル+、等々、
アンドロイドを搭載した携帯電話の利用も対象で、
電話番号、相手方の番号、通話の日時や通話時間、位置情報などを集めます。
実は、iPhoneも定期的に利用者の位置情報を送っていたといいます。
http://www.shikoku-np.co.jp/national/main/article.aspx?id=20110422000325

ちなみにフェイスブックはすでに検閲をしています。
  というか、CIAの個人情報収集ツールとして開発されていた。
http://ameblo.jp/kakusei55/entry-11138961538.html
http://yangkuma.blog81.fc2.com/blog-entry-752.html

続きを読む

テーマ : 時事ニュース
ジャンル : ニュース

権力者の歩く道

 権力者は、自分の権限を拡大する事を求める。
 これが世の中の法則です。

 日本軍が、日露戦争以来、日清戦争、大東亜戦争と戦争を拡大していったのも、
 アメリカ軍が、第二次世界大戦以来、
 東西冷戦を起こし、朝鮮事変、ベトナム戦争、湾岸戦争、
 東西冷戦後は、9.11のテロを自ら起こし、アフガニスタン、イランと戦争を起こすのも、
 自分が采配する軍部の力を更に広げていきたかったから、
 その利害の一致したところに企業の利益もあって、
 ロビー活動、マスコミによるプロパガンダなどが後押ししています。

 日本の関東軍が起こした「柳条湖事件 」、
 ベトナム戦争のきっかけとなった「トンキン湾事件」
 湾岸戦争のきっかけとなったナイラという少女のウソ
 9.11の「アメリカ同時多発テロ事件」
 どれも軍が仕掛け、政府、マスメディアのプロパガンダで
 戦争に結びついていることは、よく知られた事実ですね。


 軍部が怖れるのは、
 戦争が終結すると、軍は不要になってしまう。と言うことです。
 そのために東西終戦後、軍部は仮想敵国である共産主義国を失い、
 大慌てしました。
 そこで、9.11を演出しテロの危険性をアピールしました。


 では、アメリカ軍が沖縄から撤退しない理由は何でしょうか?

 日本人は、何故か、アメリカ軍が日本を守ってくれるために駐留してくれている。
 と、信じ込んでいます。

 しかしながら、アメリカという国がそんなお人好しの国ではないことを
 多くの人は知っているはずです。
 にもかかわらず、日本に駐留し続けるのは、
 アメリカ軍を派遣している人々に、それなりの見返りがあってのことです。

 本来、アメリカの駐留が必要だったのは、ベトナム戦争まででした。
 アメリカ本国の利益としては、撤退が自然です。
 撤退しない理由は、一部の軍関係者と、
 そこから流れるマネーという甘い汁を吸いたがるシロアリが湧いているからです。

 日本政府の中枢は、自衛隊予算を拡大するために自ら広めた
 中国、朝鮮、ロシア脅威論に依り、アメリカの後方支援がなくなることを怖れました。
 それは、「思いやり予算」という名前でアメリカ軍に渡り、
 多くは、日本の企業がその仕事を請け負っています。
 日本政府は在日米軍駐留費のうち74・5%を負担していて、
 世界でもっともアメリカ軍の負担率の高い国となっています。

日本の権力構造と在日米軍
2012年2月22日  田中 宇





 権力の拡大を狙うのは、何も、軍に限ったことではありません。
 日本のみならず、あらゆる国々の中枢で
 権力者は自分の権力が拡大することを求めます。

 『官僚の利権』を指摘する人が沢山おりますが、
 それが一体どんなものなのか理解している人は案外少ないかもしれません。
 ネットを探しても、それを詳しく解説しているのは
 北沢 栄著の[官僚利権 ]が出てくるだけです。

 日本では、国会議員もさることながら、それ以上に官僚が権力を振るっています。
 アメリカでは、選挙の度に国の官僚のトップが総入れ替えされるので、
 日本ほどではない代わりに、
 その権利が大きく変化する大統領戦には膨大な金が動きます。
 中国では、共産党でなければ人にあらずと言われるくらい、
 共産党の利権は強力なようです。


 日本では、国会議員が審議する一般会計は
 全予算の3割程度でしかありません。
 それ以外の7割は各省庁の官僚が自由に采配を振るえる特別会計予算です。
 その他の官僚の利権としては、免許等の認可権、監視権、
 さらには人事権、人事権の中に含めて天下り先があります。

 簡単に説明すれば、
 自分の配下の各機関の何処にどの程度予算を配分するかの配分権、
 予算を受けて、企業などに発注する際の、何処に発注するかを決める権利
 発注したモノを受け取るか受け取らないかを決める権利
 各省庁の権限に基づき、営業する可否を裁決する各業務の本権
 そして、自分の配下を何処に配属させるかを決め、
 上記の権限で得た、関係企業、関係機関への天下りを配分する権利
 こういったものがあります。

 その中でもっとも大きな権力を持っているのは財務官僚です。
 原発利権で賑わしている経済産業省なんて目じゃないです。
 ゼネコンの談合を後押ししていると言われている国交省の利権も、
 財務官僚の利権に比べたら、微々たるものです。

 財務官僚の利権の一番大きなところは、
 国家予算の分配案作る部分と、
 金融を握っている点です。


 あと、私が注目しているのは、医療に関する厚生労働省の利権です。
 これが完全に腐っているために、日本国民の健康を蝕んでいます。

 何処の省庁にも年々膨れあがり続ける利権がある訳ですが、
 財務と医療は 国民の生命財産の保全に大きく関わる事だけに
 私たちは注目していなければなりません。


 参考

小沢氏の「強制起訴」裁判を監視すべし 
日本一新の会・代表 平野 貞夫 2012年02月20日
http://nipponissin1.blog136.fc2.com/blog-entry-130.html


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

原発隠しの論理

ダイバージェンス・イヴ 第6話 ウォッチャーズネット
http://www.mediafire.com/?jvvmvumzmwt
美崎: それは、ここが本当は恐ろしい場所であることを隠すためですか?
大尉: 隠す?
美崎: だってそうじゃないですか。あれが街に現れた時だって、
     あの女の子、本当はここがとても危ない場所なのに、
     それを隠して、みんなを騙して
大尉: 騙してか。
     呉羽候補生、、そこまで言うなら改めて貴官に訊きたい。
     もし、グールの存在を知ったとして、ここの住民はどうなるというのだ?
美崎: それは、
大尉: 果たして、難民とか化した一千万人を地球が受け入れてくれるというのか?
     いや、ムリだ。絶対にあり得ない。分かるか?
     ほとんどの住民は何があってもここを離れられない。
     ここで生き続けていくしかないのだ。
美崎: でも、
大尉: でも? 知らないよりはマシだ。か?
     いいか、どんなに巨大でも、ここは閉鎖空間であることを忘れてはいけない。
     出口のない世界では恐怖は幾倍もの影となって、人間の心を捉える。
     一千万人の人間が集団パニクに陥らないようにするためには
     ひたすらグールの存在を隠し通すしかないのだ。
美崎: 知ってもどうにもならない。怖くて逃げ出せない。
大尉: そうだ。ここは、ウォッチャーズネット。監視者の巣だからな。

 これって原発隠しの論理と一緒だと思った。

 私たちは 『監視者の巣』 で生きている?

テーマ : 福島第一原発
ジャンル : 政治・経済

死際に後悔しないために

ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5
http://nayaminosoudan.cocolog-nifty.com/blog/
1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
4. 「友人関係を続けていれば良かった」
5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

 これは、イギリスでのナースに対しての調査です。
元記事
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2012/feb/01/top-five-regrets-of-the-dying




死の前の調査と言えば、 エリザベス・キュブラー・ロス博士
「死ぬ瞬間」(On Death and Dying)という本は有名です。
http://goo.gl/znG1s

人の心が死をどう受容するかという過程を調査し、5つの段階があるとしました。

否認   障害の否認、ドクターショッピング(障害じゃないですよと言ってくれる所を探す)。
 ↓
怒り   周囲への怒り、保育士への八つ当たり。
 ↓
取引   療育への没頭、専門機関に通いつめる。
 ↓
抑鬱   元気がなくなる。
 ↓
受容   心で受け止める(頭だけでなく)。

 キュブラー・ロスは、回りのサポート次第で、患者は死を受容し、
 この世界に未練なく、死の世界に旅立てると言っておりますが、
 実際には、なかなかそういうわけにはいかないようです。

 このようなことを書いていたキューブラー・ロス本人が、
 その死を受け入れることがとても大変だったとも聞きます。

 また、これは、
 癌などの告知から死ぬまでに時間に
 余裕がある病気で起こるプロセスで、
 ほとんどの死は、
 告知から死までそれほど長く時間は掛からないし、
 告知そのものがないのが当たり前です。


 私は父の死の際にも父に語りました。
 死ぬ瞬間には、迷わずこの世界から離れることを選びなさいと

 でも、世の多くの魂は、
 簡単にはこの世界からするっと抜け出せないもののようです。

 人の体と精神は不可分です。
 たまに、アニメなどで、
 肉体に宿る魂が入れ替わるみたいな設定があったりしますが、
 体の節々に記憶が刻まれているのですから、
 現実にはそういうことはあり得ません。

 よく、内臓移植の施術をして、他人の内臓が入ると、
 その内臓の提供者の趣向が移ると言われています。
 それは、肉体のそれぞれに、習慣的な記憶が宿っているからです。

 ただ、とある霊が、肉体を乗っ取るということはあるようです。
 (体に乗った霊が自分と違う性質の場合、つわりと似た現象が起こります。
  そもそも、妊娠は母胎に別の魂が割り込むという現象ですネ。)



 肉体のなくなった世界では、思考は突き進むだけ突き進みます。
 それと似たことを、誰もが夢の世界で体験しています。
 ただ、肉体を持つ世界で体験する夢は、
 肉体に戻ってくることで終わらせることができます。
 私たちはそれを、夢から覚めたと言い表します。

 つまりそれは、肉体がなくなってしまったら、夢から覚めることができなくなる。
 ということを意味します。
 肉体がなくなった時には、戻る場所がないので
 何かに追いかけられる夢を見ていたとしたら、
 目覚めることなく、ずっと、ずっと、ずうーっと、追いかけられ続けることになります。
 その危機的状況を精神が受けいれられない場合には、
 ずーっと永遠といえる時間の中でその危機的状況を体験し続けることになります。
 何か、心配事があったとしたら、その心配事を解決できないまま、
 やっぱり、ずっと、ずっと、ずうーっと、心配し続けることになる訳です。

 それが死後の世界に展開します。


 死後、天国に行く人、地獄に落ちる人が居るとか居ないとか、

 でも、夢から覚めることができない世界が死後の世界だとイメージしたなら、
 天国とはどんな世界で、地獄とはどんな世界なのか、
 イメージするのはそんなに難しくないでしょう。


 そして、天国に行けるか、地獄に落ちるかは、
 生前、善行をどのくらい積んだのか、悪行をどのくらい働いたのかではなく、
 死の瞬間にどんな想いを抱いているかが大事だということも
 イメージできると思います。


 西洋では、自殺した者は地獄に落ちると言って、
 葬儀を出せない、墓も作れないと差別するようですが、

 それは単に、為政者が、奴隷に死なれたくないために
 自殺したら地獄に落ちるから、自殺しちゃあ行けないと
 奴隷達を洗脳するための手段でした。

 本来、自殺は、良いものでも、悪いものでもありません。
 ただ、自殺する人の傾向として、
 自ら死を選ぶのに、この現世に執着を抱き、
 人生を悔やみ、身分の無力さを嘆きと、
 否定的感情に支配されている中で死を迎えてしまうということ、
 そのことから、自殺を思いとどまることが本人の為
 ということになるのです。

 『死』そのものが悪で有ろうはずはありません。
 『死』は、何処の誰にでも訪れるも人生の一つのイベントです。
 誕生を祝うことができるなら、死を祝うことができても良いと考えます。

 私は、自殺を否定しません。
 権力者から自身を守るための一つの手段だと思っています。
 自殺したからと、必ずしも否定的感情の世界に
 落ちてしまう訳ではないですし、
 自然死であったにしても、否定的感情に支配されている人は、
 いつ目覚めるか分からない否定的感情の世界に
 沈んでいくことになるでしょう。


 まずは、
 私たちは、前向きにものごとを考え解決していく勇気を
 いつも携えて生きていくことが今この時を豊かにすることになり、
 いつ死んでも良いようにするための心がけにもなるって事です。




おまけ


妻に最低限これだけはやってほしいと思うことランキング
http://news.ameba.jp/20120221-104/
1位:体型維持
2位:料理の腕前を磨く
3位:自分の部屋の片付け・掃除
4位:感謝の気持ちを伝える
5位:家計の管理

夫に最低限これだけはやってほしいと思うことランキング
http://news.ameba.jp/20120220-85/
1位:使ったものをしまう
2位:感謝の気持ちを伝える
3位:脱いだものをそのままにしない
4位:体調管理
5位:分担を決めている家事

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体

TPP、消費税は日本の企業の生命をも奪う

 ギリシャ、イタリアの危機、ドイツの経済の健全性、といった話から
 怠け者のラテン系、働き者のゲルマン系みたいなイメージを抱いている方も
 多いかもしれません。

 でも、案外、イタリア人が働き者だったり、
 ドイツ人が怠け者だったりするというのを日本人は知らないかもしれません。


 元々、ギリシャやイタリアの危機は謀られたものです。

 国債資本家は、アメリカの崩壊を遅らせるため、
 格付け会社、ムーデイーズ、S&P,フィッチを使ってギリシャ危機を演出し、
 イタリア、スペインと、その危機感を拡大させました。

杉並からの情報発信です 2011-11-22 15:01:44 | 政治・社会
「欧州危機」はオバマ政権とユダヤ国際金融資本が仕掛けた「金融テロ」だ!


るいネット 12/01/10 PM06
[ユーロ危機]は仕掛けられた危機!




 残念ながら、ギリシャや、アイルランドは、アメリカ、イギリスに追従し、
 国内産業を疲弊させ、金融関係しか大企業が残っていないような国なので、
 遅かれ早かれ、アメリカやイギリスと同じく衰退していく国であったことは確かです。
 しかし、イタリアは、 フィアット、フェラーリ、ブルガリ、ベネトン
 といった企業名を挙げると分かるように、
 独自のデザインで、付加価値を付けた世界に名を馳せた企業が割拠する国です。


 このモノ余りの時代、その製造単価で競争し続けたなら、
 技術力にそれほどの違いがなければ、人件費が安い方が競争に勝つことになります。

 日本の時計製造会社はそこで失敗しました。
 いま、SEIKO,CITIZENという会社は世界の中でどの程度の知名度があるでしょう?
 これらの会社は、日本の最先端の精密加工技術によって一時期は世界を圧巻しました。
 ですが、今では観る影もありません。
 それに対して、ローレックス、オメガ、カルティエは、技術力では遅れていたのに、
 今でも高級時計として人気が高いメーカーです。


 おそらく、技術力だけで、労働力の安い、中国他のアジア諸国と勝負し続けたなら、
 日本の企業は、TPPで自由化が進められていった時、
 何処も生き残ることはできません。

 生き残ろうと思ったら、製造拠点を海外に移した名ばかりの日本企業として
 生き残る道を選ぶしかないでしょう。

 日本の企業が、生き残る道は、国内市場を保護し、
 国内市場で人々の購買力を底上げし、独自の市場を築くことですが、
 TPPで諸外国に販売の門戸を広げ、
 消費税で日本の消費を冷え込ますことに精出す大企業は、
 いずれ、その戦略の浅はかさ故に、
 つぶれていく道を辿ることになります。


 「ガラケー」と、日本独自仕様の携帯電話を批判する人々が居ますが、
 私は、「ガラケー」のような日本独自の発展を促すことこそが
 日本企業が生き残る道だと考えます。


 TPP参加、消費税率アップは、必ず、
 日本で製造業をメインとしている大企業にも仇なすことになるでしょう。


 元々、アメリカが日本にTPPに参加することを強要する理由は、
 日本の庶民が持っている財産欲しさです。

 世界の中で、米国政府の裏側に居て、コントロールしている資本家達が、
 自由主義同盟の中に組み入れながら、未だにその財産を強奪できていないのは、
 日本だけです。

 そのために、日本国債が危ないからと、消費税を導入させたり、
 日本企業が生き残れないとTPPを推進させたりと、
 あの手この手で、日本の経済を閉塞させることを狙い続けています。

 そのことに、私たちは気づいて居なければなりません。



増税とTPPの件。経団連の頓珍漢ぶりと小沢氏のまっとうな発言。
nYoの どうにも、真実が気になる。2012年01月06日



テーマ : TPP
ジャンル : 政治・経済

注目!! 映画“THRIVE”

 P&Gの御曹司フォスター・ギャンブル氏の製作した映画です。

スライブの公式サイト  http://www.thrivemovement.com/
 本来は5ドル払って観ることが前提でしたが、
http://www.thrivemovement.com/the_movie

 ここ数日の間にyoutubeにアップされ、
 急速にネットで広がりつつあります。

飄(つむじ風) THRIVE 日本語版完全版!! 
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/thriveyoutube.html

まとめサイト
http://goo.gl/etXC5

文字起こし 阿修羅版
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/583.html
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/602.html
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/621.html
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/625.html



 是非、多くの人に観て欲しいと思います。



「終わりに」

人間は影響力のないちっぽけな存在だと思いがちですが、全く違います!

世界を修復するためには、違う筋書きを自分に語り、他の人と一緒にそれを受け入れようとする必要があります。
共有すればその筋書きの世界が実現します。

この国でごく少数の手に富がますます集中していることに疑問の余地はありません。
大きな力を持つ人々はその富をさらに集中させています
しかしもっと大きな力を持つ勢力があります
民衆の力です!

今の危機をみると人生は楽しくないものだと思って、悲観的絶望的になりがちです
でも危機が成熟して集団的目覚めの一歩手前まで来ているとみています

目覚め、人と繋がり、勇気をもって声をあげる人が増えてきた今、世界支配の陰謀は暴露されつつあります。

みんなが待ち望むのにふさわしい世界への解決策が見つかりつつあります。

長い歴史に渡って人々は、専制政治がその冷酷な頭をもたげるのを認識すると、力を合わせて自由のために何度も立ち上がってきました。

人類がこの時代を振り返れば、状況に気が付いて行動を起こしたことを誇りに思うでしょう。



 「個人で簡単にできる活動」

1、情報を得たり、自分の考えを述べたり、他人とつながる場をつくる
2、地元の銀行を使う
3、責任を持った購入や投資をする
4、公正で開かれたインタネットを維持する
5、独立メディアを支援する
6、有機・非遺伝子組み換え農業を支援する
7、追跡可能な紙投票の維持と企業献金の廃止。
8、再生可能なニューエネルギー技術を支持する。 

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

馬脚を現し始めた橋本徹の正体

 大阪市長戦以来、橋本徹氏に注目が集まっています。
 橋本氏は、次期衆議院選挙では、
 国会に200人の議員を送り出すと豪語しています。


 面白いのは、ろくに具体的な施策が言明されてないのにもかかわらず、
 平成の坂本龍馬のように持ち上げられて来たことです。

 私は、彼を見ていて、小泉純一郎を何故かイメージしてしまいます。
 なんだかそっくりだと感じるのは私だけなのでしょうか?

 と思っていると、橋本徹氏の人気取りの手法は
 「劇場型」だとの指摘をして居る方がいらっしゃいました。
如月の指針 2012/1/24(火)
橋下大阪市長になんとなく小泉竹中が行った劇場型政治の匂いがします
http://blogs.yahoo.co.jp/hattor123inakjima/30129115.html

 劇場型手法その一、 テレビを上手く使う。
 劇場型手法その二、 明解に悪玉を作り攻撃する姿勢

 本当に国政を担えるだけの手腕があるのでしょうか?
 たとえば、
 橋本徹氏が大阪府の知事になる際に、
 財政の再建がもっとも重要だと言っていたと思いますが、
 橋本徹氏が知事になって以降、大阪府の負債は6兆円を突破するという
 記録的な状態になっています。

 このような方が、本当に財政再建することができるのでしょうか?
 そのような実績の中、人気は逆に高まって、
 大阪市長になって、多くの仲間を募って国政にまで打って出ようとしています。


 彼は、国政に対して、どんな政策を実施するか明言していません。
 次の衆院選に向けた公約集「船中八策」の叩き台をつくった。
 とされていますが、
 総括的なビジョンを見せることはなく
 実現困難に近い案を並べたてたにすぎず、
 人気取りのため陳列しているだけのようです。
 案外、何にも考えていないというのが本音かもしれません。


 私がこの人に感じる恐怖は、
 単に弱い者いじめをすることで人気取りをしているように感じることです。
 この辺が、小泉純一郎氏を彷彿させ、欺瞞をふつふつと感じます。

 彼が最初にやった人気取りは、公務員の給料カットを叫ぶことでした。
 本来、人々の仕事がデフレで失われ、給料が下がったことが問題なのに、
 社会の公務員をスケープゴートにする風潮の尻馬に乗っただけ。
 という印象です。

 橋本徹氏の手法を「ハシズム」という言い方をしますが、
 まさに彼は、一旦権力を握ってしまったら、
 自分が全てを一任されたと勘違いするところがあるようです。

 たとえば、原発の是非を問う大阪市住民投票に対する橋本氏の対応も
 その現れの一つかと思います。
http://logsoku.com/thread/uni.2ch.net/newsplus/1327419310/

 更に最近の、市の職員に対しての「思想調査」
http://sekato.jcpweb.net/hitokoto/120217-220712.html

 これらのことが、橋本徹氏本人が、問題とは感じることができず、
 当然の権利と思い込んでいるところに、
 彼が権力の座についた時、暴走することになることを示唆しています。


 今後気を付けなければならないのは、
 これから国政に打って出ようとした時に、
 どこから資金を得るかと言うことです。

 いろいろ調べてみましたが、
 資金背景がはっきりしていません。

 これまでは橋本徹氏個人のパーティーで資金を集めていたみたいですが、
 国政に200人以上の規模で打って出ようとしたら、
 2,30億のカネが必要になると言われています。

 それをどこから得るかで、維新の会の言外の行方が
 おぼろげにでも見えてくることになるでしょう。

橋下徹氏の国政進出宣言を受けて、大手各紙の報道【大阪維新の会】
NAVERまとめ: 2012年01月26日



テーマ : 橋本徹
ジャンル : 政治・経済

ロシアと日本の間で起こっていること

 興味深い記事があります。

露空軍がその気になれば日本を20分で消滅できる=露軍事専門家
http://news.livedoor.com/article/detail/6284296/?

 この記事は、
 ロシア空軍が日本の領空のすぐ近くで飛行訓練したことに対し
 日本側が抗議の声明を発表し、
 それに対するロシア軍事専門家協会副会長のコメントとして
 報じたものです。


 この記事を読み私が感じたことは、
 いよいよ日本もッ世界中で起きている戦争の
 部外者でいられなくなるかもしれないという危惧感です。


 アメリカ政府を裏で動かしている軍産複合体は、
 世界の中で戦争や、紛争があることで莫大な利益を得ています。
 それが、アメリカが第一次世界大戦以降
 休むことなく戦争をし続けてきた理由です。


 アメリカは、すでに、東アジアで戦争をするだけの余力を持っていません。
 しかしながら、アメリカの属国の日本にはそれがあります。

 アメリカ政府を裏で操っている軍産複合体連中は、
 日本と北朝鮮、もしくは、中国、、ロシアと戦争させたがっています。

 そうすることで、軍需産業が潤うと共に、
 日本が戦費を国外から調達しなければならないように仕向けることで
 日本を経済的にコントロールする手がかりを得ることになります。

 ロシア極東部で日本への関心が強まっているのには
 このような事情をロシアが察知し、
 本気で敵国と想定し準備しておく必要性を
 意識し始めたと言うことに他なりません。


 そしてもう一つ、ロシア軍事専門家協会副会長のコメント、
>>ロシア空軍は20分以内に日本を地球から消滅させることもできる
 という言葉

 これを達成するのは簡単です。
 それは、ふくいちの事故が鍵になっています。
 つまり、原発というモノが実は原爆で、
 日本を破壊する原爆がここにありますって明示しているような兵器庫で
 日本に原発を持ってきた正力、中曽根等は、
 他国を破壊する原爆が欲しくって、
 日本の核開発を推進してきた訳ですが、
 実際に彼らがやったことは、
 自国を滅ぼす核兵器を全国にバラ撒いて設置することになっていた
 ということです。

 高速増殖炉は、まさにその代表で、
 もんじゅの計画が、無謀なものであると分かっていても続けられてきたのは
 プルトニウムというもっとも原爆に近い物質を手にしておくためのものだというのは
 よく知られた事実です。


 世界の中で、原発を保有してメリットのある国は、アメリカやロシアなどのように
 広い国土を持っている国に限られます。
 日本のような狭い国土では、数発爆発しただけで
 国土の全てが居住不可能になってしまうのに対し、
 国土の広い国に対しては10発打ち込んだとしても
 全ての土地が使えなくなるとかそういうことが起こりません。

 これでは始めから対等な関係になんかなり得ません。
 つまり、はじめから核兵器は戦争の抑止力になんか
 ならなかったのです。

テーマ : 軍事・平和
ジャンル : 政治・経済

マインドコントロールされている味覚を取り戻せ!

 現代社会に生きる人々が、様々な形でマインドコントロールされている。
 という話は、たびたびしていますが、
 味覚もマインドコントロールされているかもしれないという話です。

知らず知らずのうちに味覚コントロールされている
全国の加工特産品の開発や販売の活動の公開 
2011年07月23日



 味覚コントロールの代表格は、なんと言っても
 「味の素」つまり、化学調味料の「グルタミン酸ナトリウ」です。

 これが入っていると、旨味が口に残り、
 そこそこに美味しく感じるようになります。
 はっきりした味として、トマトベース、醤油ベース、ブイヨンベース等々に
 「味の素」を加えることで、元々の素材がお粗末でも、手軽に安価に
 そこそこに美味しいと言ってもらえる味付けになることから、
 レトルト食品、インスタント食品、ファーストフード、コンビニ弁当等々、
 現代のありとあらゆる加工食品に添加されています。
 味が分かる人は、素材が何であっても同じ「後味」になるのが分かります。

 化学調味料は摂り過ぎによって味覚障害を引き起こします。
 こういうモノばかり食べていると、
 化学調味料で味付けされたもの以外は美味しいと感じられなくなり、
 手軽で美味しいという理由も加わって、そういったモノしか食べなくなります。
 そして、
 食品に入っている自然の細やかで様々な味を味わうことができなくなってしまいます。
 最終的に、体の免疫力、抵抗力を失い、体を弱らせていくのでしょうけれど、
 現代栄養学では、そういったモノの毒性をほとんど無視しているので
 ほとんどの世の中の人は気にしていないようです。

 その内に、お母さんの手間暇掛けた手料理よりも、
 レトルト食品、インスタント食品の方が美味しいと思われるようになって、
 お母さんも、手間だし喜んでもらえない料理に手間を掛けなくなって、
 商業主義に載せられて、益々化学調味料の味に馴らされていきます。
 まさに、味覚コントロールされていると言ってよいでしょう。

PENGUIN TARO 2010/1/10
「化学調味料は味覚障害を誘発させる」



 このサイトでは、マヨネーズも「味盲の原因」に上げてます。
 実は私も、マヨラーの傾向があったんですが・・・ トホホ、


 次に挙げるのは、「砂糖」です。
 近年、「砂糖」にも麻薬なみの依存性があることが
 明らかになってきたようです・・・。 ようやく。
Gigazine 2008年12月15日 15時35分00秒
甘党は砂糖中毒?砂糖に麻薬なみの依存性があることが明らかに


砂糖はたばこ・酒と同じ「毒」 課税提唱に米業界が反発
朝日新聞 2012年2月6日16時27分



 砂糖は、吸収が早く疲れた時には、すぐ効果を得られる。
 ということですが、砂糖をブドウ糖に変換するためには、
 多くのビタミンやミネラルが必要になります。
 ところが、砂糖にはそれが含まれていません。
 そのため結局ビタミン、ミネラル不足の状態を生みだします。

 このところ、どんな料理にも、隠し味に「砂糖」が使われたりしますが、
 これも、味の素と似たような効果があります。
 そして、これが入っていないと、美味しいと感じることができない方が
 ほとんどという状態に世の中ではなってしまっているように感じます。

 砂糖が全く使われてない食品を食べるように心がけ始めた時、
 おそらく、甘いモノが強く恋しくなったりするでしょう。
 そのときに、如何に、自分が甘いモノにマインドコントロールされていたかに
 気づくことになります。


 化学調味料、甘味料に慣れてしまった食生活をしていると、
 必然的に、様々なビタミン、ミネラルが不足した生活を送ることになります。
 そうすると、体の方は、その不足したビタミン、ミネラルを求めることになるため、
 必然的に、糖分や脂肪で体の方はブクブクしながらも、
 不足しているビタミンやミネラルと求めて、
 体の方は過食してしまうと言うことが起こります。

 そして、様々なミネラルを代表するモノとして、
 亜鉛不足になると、傷が治りにくくなり、
 味覚障害が起こりやすいと言われたりします。

ダイエット成功体験記
味覚障害は肥満への近道







 その他の依存性食品

 昔、良く言われたのが「コーラ」
 コーラは、元々、一度飲んだ人が依存症になってもらうことで、
 需要を伸ばしてきた飲料です。
 昔々(20世紀初頭まで)は、コカの実が原料に使われていたそうで、
 まさに、それで、身も心も軽くなっり、爽やかになれたことでしょう。
 現代では、そういう物が使われていないだけに、
 コーラばかり飲んでいる人は少なくなった気がします。

 子供の頃は、コーラをしょっちゅう飲める人が羨ましかったです。



 次に代表的なものに「カカオ」があります。
 元々、チョコレートの語源、「ショコラトル」は、「苦い味」という意味で、
 滋養強壮効果のある神秘的な飲み物でした。
 アステカ帝国時代には、砂糖を含まず、
 数種のスパイスを加えた薬のようなドローっとした飲み物でしたが、
 そこに、砂糖を加えることで、西欧に於いて大ヒットしました。
 カカオの豆100粒で奴隷が1人買えたというほど高価なだったと言われています。
 その内に、アフリカなどでも栽培されるようになりました。
 いくら食べても、飽きることがなく、
 食べ続ければ食べ続けるほど、依存症状態になって行き、
 気持ち悪くても、止められなくなり、肥満でブクブクになれます。


 ほとんどの人は、気づいていないようですが、
 「チリ」つまり「唐辛子」も味覚を壊します。

 元々唐辛子の「辛味」というのは、痛みです。
 味覚神経では、「辛味」を感じることができません。
 舌を傷み付けることで、「辛い」と感じるようになっています。
もなみ9歳の跡地 2004年11月18日
辛味は麻薬



 つまり、ちょい辛程度ならば良いですが、
 ゲキ辛モノばかり食べていると、味覚神経を傷み付け、
 モノの味を感じられなくしてしまい、
 辛いモノばかりを求めるようになってしまうということです。

 唐辛子は、南米原産でコロンブスが持ち帰り、世界に伝搬していきました。
 世界の食品、食糧事情は、南米との貿易が始まって、
 大きく変化したことが伺え知れます。
 で、私の認識では、食の文化が貧しいところほど、
 この、「辛味」を求める傾向が強いということです。

 つまり、食文化の豊かな都会ではいろんな味覚を楽しむことから、
 辛さだけを際立って求めるようなことはあまりなかったようですが、
 どんな痩せた土地でも根強く栽培できるこの唐辛子、
 調味料が何もないところでもそれが調味料となり、
 より多く使われる傾向が強くなったようです。

 ですから、第三世界の中でも、
 更に都市部よりも田舎の方が
 辛いモノを食べる傾向が強いという印象を受けています。

マネー・カルト脱出マニュアル(1)
マインドコントロールされた味覚を解除せよ!


 この↑ブログには、このマインドコントロールから抜け出す方法として、
 断食を奨めています。
 そして、健康的な食生活をすることは、
 マネーカルトから抜け出すのに役に立つ技術だろうと言っています。



 おまけ

週刊金曜日 買ってはいけないシリーズより
http://homepage3.nifty.com/daxpoti/dame.htm


テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

不耕起農法の道を選んだ元東電社員

元東電社員で原発がいつか事故を起こすことを予測していた人として、
 ブログ「院長の独り言」を運営する小野俊一氏はけっこう知られていますが、
http://onodekita.sblo.jp/
 もう一人、こんな人が居たんですね。
 知りませんでした。

 それは木村俊雄さんという方。
 事故のあった昨年の3月11日には福島のいわき市におり、
 地震があってすぐに那須当たりまで逃げたようですが、
 その後、そこも危険と言うことで、
 今は高知に移り住んでいるようです。

 この方が、東電を辞めたのは
 およそ10年前、

 木村氏は、1991年に福島第一原発に勤務しており、
 そのときに、地下にある予備電源用のディーゼル発電機に
 海水が浸水し使用不可となる事故を体験しています。

 そしてその後、その事故後の対策として、
 「このくらいの海水漏洩で非常用ディーゼル発電機が水没して使えなくなると
 すると万が一津波が来た時には非常用ディーゼル発電機が全台使えなくなる。
 そうなると原子炉を冷やせなくなる。
 津波による過酷事故の解析が本当は必要では」と進言する。
 しかし上司は
 「その通りだ。君の言う通りだ。
 しかし安全審査をやってる人間の中ではこれは実はタブーなんだ」と。
 言われたと言います。

     このことだけでも、すでに3.11のふくいちの事故が人災であることが明らかで、
     このような管理体制の会社に、
     原発などという危険極まりない発電設備を管理させていてはいけないと
     私は思います。

 木村氏は2005年にいわき市で発行されたミニコミ誌に
 「もし、原子力発電所に津波が来たら」というタイトルで投稿
 「津波来襲により、冷却用海水ポンプや非常用の電源などの機能が
 喪失するだろうから、結果的には炉心は溶融するであろう」
 と、予告しています。


 木村氏が、東電を辞めたのは、
 自分自身が、エリートコースから外れていて、出世の望みがないことを自覚したこと、
 何を言ってもまともな事故対策を立てない東電の体質、
 自らも、事故隠しのウソ報告書を造ることに荷担し続ける事への負担
 そして、そのことから、いつか東電が、重大な原発事故を起こすことを怖れたこと。
 さらには福島県の川内村で原人と呼ばれるマサイ(風見正博)氏との交際。
 そんなところに理由がありそうです。


 東電退職後、様々な仕事をしているようですが、
 今は、高知で畑を手にして、マサイ氏と同様、
 不耕起農業を始めているようです。

 安定した収入のある生活を捨て、
 あるべき生き方を選ぶ行動力と、勇気のある方だと思いました。



東京電力の闇:元東電技術者木村俊雄氏の証言
現代世界をどう捉えるか 2011.06.13
http://goo.gl/luqID

テーマ : 福島第一原発
ジャンル : 政治・経済

ジョージ・ソロスの警鐘

 ジョージ・ソロスというのは、世界的に有名な投機家です。
 イングランド銀行を倒産に追いやったことは有名です。

 この人、慈善家としても有名で、
 特に、1969年以降東欧諸国に対し積極的に事業展開をしています。
 そのため、西側では、イギリス国民の金を東欧に贈る人として批判され、
 東側では、反体制派知識人を養成しているとして批判されています。


 この人がどのような社会正義感を抱き、
 事業を展開しているか、私は分かりませんが、
 ユダヤ人ではあっても、ロスチャイルドなどの単なるカネの亡者とは
 一線を架していると考えても良い人のようです。
http://www.econ.hokudai.ac.jp/~hasimoto/On%20George%20Soros.htm


 そのジョージ・ソロスが、最近の世界経済に警鐘を鳴らしています。

ジョージ・ソロス:アメリカ経済崩壊で騒乱惹起
ROCKWAY EXPRESS 2012/02/13 (Mon)




 「惹起」という言葉知らず、調べてしまいました。
 ジャッキアップ??!!  何を?
 事件・問題などをひきおこすこと。なのだそうです。


 ジョージ・ソロスは「最悪、金融システムの崩壊」と語っていますが、
 私にはそれは、最良に思えます。
 現行の金融システムで膨大な利益を得ているほんの一部の利権者と
 それを支えている99%の人々という構図がそこにあるからです。

 現行の金融システムを壊さない限り、
 新しい金融システムを築くことはできません。
 そこにこそ新しい秩序があると思えます。


 何故、フランス革命が起きたのか?
 それは、一部の王族が、庶民の生活苦を無視し、
 享楽にふけった生活をしていたことに
 その一般庶民が怒りを爆発させたことに端を発しています。


 そして、現在起こっているのは、
 一部の金融資産家が、現行システムの中、様々な資産をかき集め
 庶民の生活苦を無視し、享楽にふけった生活をしていたことに
 その一般庶民が怒りを爆発させ始めている
 ってことです。

 アメリカのウォールストリートので「We are 99%」と言っているデモは
 それを象徴しています。
 ほとんどの人々が、生活できないほど困窮している中、
 ほんの一握りの人々だけが豊かな生活を享受しています。


 いよいよ、革命の扉が開きつつあるという印象です。



 と、そこに、面白いニュースが飛び込んできました。

ジョージ・ソロスにロシアで逮捕状?
http://www.news-us.jp/article/251963118.html
 という情報がありますが、
 この情報を素直に受け取ることには、私には躊躇いがあります。

 とはいえ、ソロスは、ロシアにとっても反体制勢力を支援する人なので
 プーチンに狙われていても不自然ではありません。

 また、ロシアはたびたび、アメリカの帝国主義とぶつかっていますが、
 それは権益争い利権争いしているだけでロシアも、ひどいマフィア国家です。

 マーク・リッチとプーチンの関係
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-1107.html
 このことからは、
 プーチンがマーク・リッチの利権のために動いているのが予測されます。

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

小澤一郎氏のバレンタインメッセージ

 2月10日の報道スペシャルINSIDEOUTの
 小澤一郎氏へのインタビューです。
http://sun.ap.teacup.com/souun/6729.html#readmore


 最初にマヤ暦について語り、回りをきょとんとさせた。
 という話がされています。

 これは、新しい時代の到来を信じている人々への
 バレンタインのプレゼントだと私は思いました。

 小澤一郎氏が何をしたいと考えているのかが
 語られています。

 リンク先の下の方に文字起こしされています。
 時間のない方はそちらでどうぞ


 マヤ暦について深くは触れてないけれど、
 小澤氏の思考の根底にあるものとして、私は評価します。
 深く語っちゃうと、キチガイ呼ばわりされるしね。
 科学的根拠は何もないからね。

 小澤一郎氏が、新しい時代に向けて、
 自分の信じていることをやろうとしている
 その想いが伝わってきます。

テーマ : 小沢一郎
ジャンル : 政治・経済

7年目のチェルノブイリ 安全宣言が被害を増やした可能性?

安全宣言をしたのはIAEAで広島から派遣された重松逸造委員長です。

 奇しくも「放射線影響研究所」の理事長の肩書をもつ2人の人物が、
 世界2大原発事故、チェルノブイリ事故と福島原発事故、の安全を宣言している。
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65718788.html

福島も同じ道を歩むのか?
最悪汚染ゾーン('93.5) 全4回】チェルノブイリでの病院の取材によって、
子供たちが放射線の影響で次々と亡くなっている実態が明らかとなる。

1回目、約9分
チェルノブイリではら5万人のカルテが消えていた。
見つかったカルテはIAEAの発表を根底からくつがえす。
IAEAによる安全宣言のカラクリを明かすレポート。

2回目
子供たちが放射線の影響で次々と亡くなっている実態が明らかとなる。

3回目
事故後7年目、IAEAの安易な安全宣言が救援の動きに水をさし、
事態を悪化させた。

4回目
事故から8年目、体内の放射能は潜伏期間を過ぎ、牙をむき
子供たちに襲いかかる。
ズタズタに取り壊された死の村の姿、原発周辺地域を上空から取材した。


【脱原発】なゆのヒトリゴト 2012/02/12 Sun. 04:44


テーマ : 放射能汚染
ジャンル : 心と身体

今買うべきは国債か? 証券か? 金か?

 財産を持っていない私には関係ないといえば関係ないが、
 バフェット氏のこの発言は気になります。


債券投資に「警告ラベルを」 米著名投資家のバフェット氏
http://goo.gl/IO3mP
http://goo.gl/K70gg


 バフェット氏は、
>>「(債券など)通貨に関連した資産は最も危険だ」
 つまり、国債は危険だといっている。

>>「通貨への恐怖が価格を押し上げている」
 つまり、金はバブっており、はじけることを覚悟しなさいと言っている。

 その上で長い目で見て、
>>株式や不動産など利益や配当を生む金融資産が「はるかに安全」と主張。
  しています。


 ここで、注意しなければならないのは、
 これがマスメディアに流された情報だと言うことです。


 つまりこの情報が、人々を操作するために流されている。
 ってことに注意して、この記事を読まないとならないということです。


 何故、今金が高値を呼んでいるかといえば、
 国債も、債権も信用ならないからです。

 私の予測では、
 日本国債以外の国債は危険だという見解は同じですが、
 金はまだまだ上がるでしょう。
 証券は、まだ底値には至っていません。

 どこかの国の需要が伸びていく基調があれば、
 それに伴う産業が活発化することを期待できますが、
 世界的なデフレの状況の中では、
 あらゆる産業が縮小して行かざるを得ません。

 どこかの国の政策が、
 大量に抱えている資産家の資産の再配分をしない限り、
 この状況は変わらないでしょう。


 金は、何も生まないけれど、
 それは、城壁が何も生まないのと一緒です。

イーグルヒット 小出宏実の恐慌情報レポート速報版
http://eagle-hit.com/

テーマ : 金融商品
ジャンル : ファイナンス

日本の家電業界の失敗

 なかなか良いレポートです。

巨額赤字が確実な日本の家電産業、起死回生は可能なのか?―香港メディア
提供:Record China 2012年02月10日06時25分



 このレポートでは、
>>家電産業がこれほど衰退した最大の原因は前回の危機に処理を誤ったこと。

 その対処方法というのが、
>>よりお手軽な「リストラ」へと走ってしまった。
 ことだと指摘している。

>>簡単に従業員のクビを切った会社では会社全体の士気が下がり、
>>本来の良さであった従業員と会社の間の連帯感も消え去った。

 その上、
>>ライバルの成長を手助けする結果になったこと。
>>彼らが手放した経験豊富な人材の多くは韓国企業に高給で迎えられた。

>>あれほど「革新」と「創造」で
>>世界をあっと言わせる製品を作り続けてきた日本の家電メーカーは、
>>世界の最先端製品に部品を提供するだけの立場に成り下がってしまった。





 これらの企業は、更に失敗を重ねようとしている。
 それは、TPPと、消費税の増税によって、
 これらの企業が起死回生をはかっていることです。


 これにより、国内の消費が更に冷え込み、
 これらの企業は、益々企業規模を縮小せざるをえなくなるでしょう。


テーマ : 情報の後ろにある真実
ジャンル : 政治・経済

2012年に入ってから、福島産米が売れ筋に



Mercury Posted 2月 9th 2012
http://mercury7.biz/archives/17943



 おそらく、小売店で福島産米として売られることはないでしょう。
 ブレンドされ、加工され、何処に混ぜられたか分からなくなります。
 そういえばカタクチイワシ(背黒鰯)でセシウム量41Bq/kg(±13)検出。
 創業300年、老舗食品加工メーカーが安値で大量に競り落としていた。
カタクチイワシ キロ41ベクレル 老舗食品加工メーカーが安値で大量に落札
机の上の空 大沼安史の個人新聞 2012-02-09


 という情報もあります。

 あらゆる加工食品に放射線を含んだ素材が使われていきます。

テーマ : 放射能汚染
ジャンル : 心と身体

アメリカが辺野古を断念する訳

 2月8日「在日米軍再編見直しに関する基本方針」の発表

沖縄海兵隊を先行移転=普天間、辺野古移設は堅持
 -米軍再編見直し・日米共同発表 時事ドットコム(2012/02/08-21:30)


 これを読んでも何を言っているのか私にはちっとも分からない。


米、普天間の辺野古移設を断念へ 沖縄タイムス012年2月4日 09時48分


 ところがこっちの記事を読むと、
 すっきりとよく分かります。

 つまり、本土の人々に対するニュースでは、
 「辺野古断念」という本論を濁らせたかったため、
 なんだかよく分からない記事となっていたという訳です。


世に倦む日日さんは、 2012-02-09 23:30


 沖縄が粘り抜いたことによる勝利だとたたえています。
 まあ、その面はあるのでしょうけれど、
 どちらかというと私は、
反戦な家づくりさん 2012-02-07(Tue)

 の指摘の方が納得がいきます。

 要は、アメリカにあまりに金がなくなりすぎて、
 これ以上沖縄での軍の駐留に金をつぎ込んでいられない。
 というアメリカの国内事情による動きだと解説してくれています。


 元々、アメリカ軍は沖縄に駐留する海兵隊を2014年には
 グアムに移す計画でいました。
http://tanakanews.com/091210okinawa.htm
 ところが、何故かその話は伏せられたまま交渉が行われ、
 何故か、鳩山首相は「普天間飛行場は県外移設できません」と責任とって
 辞任することになりました。

 つまり、日本とアメリカの実利上の実行を阻害しているのは
 その中間にいるアメリカ側、日本側の実務者達で、
 そこに大きな利権があって、その利権を確保しておくために、
 常に実務者協議の段階でねじ曲げられて交渉されてきたのでした。

 しかしここに来て、いよいよアメリカ側の財政が逼迫し、
 抜き差しならぬ状況となり、中間に巣喰っているシロアリに
 餌を与えている余裕がなくなってきたという訳ですね。



 とはいえ、日米協議の実務者達は、
 相変わらす同じ連中が担っている訳で
 オバマ大統領の意向がどうであろうと、議会の意向がどうであろうと、
 自分たちの利権をそう易々と手放すことはないでしょうから
 まだまだ、攻防は続くと思って良いのかもしれません。




 ちなみにアフガニスタン、どうも国連軍は白旗を揚げたようです。

極東ブログ 2012.02.07
アフガニスタン戦争、西側諸国敗戦のお知らせ





 それと共にイラン情勢は緊迫しています。

逝きし世の面影 2012年02月06日
今春5月前後のイスラエルのイラン攻撃


 オバマ大統領はそれを阻止しようとしているが、
 イスラエル側は、攻撃の12時間前にしかアメリカには知らせないと通知しているという。


 という訳で、アメリカ軍は、沖縄どころではないでしょう。

テーマ : 軍事・平和
ジャンル : 政治・経済

マスコミは、何故反東電に転向したか?

 昨年末、東電が電気料金値上げを申請した際、
 「値上げは(電力会社の)権利」主張し、それ以来、袋だたきに遭っています。


 これまでマスコミは、常に東電を擁護する発言を繰り返してきましたが、
 このところ東電を批判する発言が目立つようになりました。

 それは何故でしょうか?

 まあ、簡単な話しが、私の予想するに、「金の切れ目が縁の切れ目」
 のことわざ通りなんだろうと思います。

 現在の状況の中で、今まで通り東電が、
 簡単に電気料金を値上げしていくことは困難になるでしょう。

 何を経費とするのかの査定は今後厳しくなることが予測されます。
電気料金:見直し報告書案 人件費算入にも上限 (毎日新聞 2012.01.31)


 この中に、
 「電気料金算定の基となる「原価」から広告宣伝費や寄付金などを除外」
 とあります。
 とすれば、今後、これまで通り、電事連を含めた東電の資金で
 マスコミを潤すことが難しくなっていくと、考えて良く、
 民意が大きな、反東電の側に立った方が得だ
 と考えてのことではないかと思えます。



 おまけ、


 ところで、高い高いと言われる日本の電気料金ですが、
日本の電気代の国際比較 (アゴラ2011年06月30日)
 を見る限り、それほど突出して高い訳ではないことが分かります。

 但し、これは現在の料金であり、
 未来の料金ではありません。

 この電気料金には原発の建設コスト、運転コストは含まれていても、
 原発の廃棄コストは含まれていません。
 更に言えば、今回の福島第一原発の事故の補償費用も含まれていません。

 それを含めていった時どのくらいの値段になるか、思い描くと恐ろしい限りです。

 それを考えた時、電力会社は始めから原発の廃棄は、自分たちの仕事ではなく、
 国に移管し、管理し続けてもらうことを目論んでいた可能性を思い描いてしまいます。

 もし、全くそのことを考えていなかったとしたら、
 常にその時々で掛かる経費を使用者から得られ続けていられると
 考えていたのかもしれません。
 そう考えると「権利」という言葉が出てくる背景が、頷ける?

 政府 エネルギー基本計画
水力11.9円 石油10.7円 ガス火力6.2円 原子力5.3円

 12月6日に新しいのが出てましたね。
http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-8197
(そこでは原子力8.9円としていますが、まだまだ試算が甘い印象です。)


 立命館大学 大島堅一教授が経産省のデータから試算した発電コストでは
 政府のデータには、揚水発電コストが含まれていない。
 地元自治体に払う補助金、技術開発費を含めていない。
 との指摘があり、それを含めると
 原子力は12.2円 水力は7.3円 火力は9.9円となると言います。

 更に、その他に、
 使用済み核燃料、放射性廃棄物の処理コスト(6ヶ所村以外の分約半数)
 3.11原発事故の補償コスト
 が、今後必要になってきます。

実は誰も分かっていない原発のコスト
ECO JAPAN 2011年6月9日





 今後も、電力会社は、原発擁護のため、
 様々な形で抵抗し続けるでしょう。

 とはいえ、すでにその論理は破綻しており、
 更に、マスコミ、原子力村に金をばらまけなくなっていくことで、
 それらの援助を受けての弁明も難しくなっていくでしょう。

 それでも、抵抗は、まだまだ続きます。

テーマ : 脱原発
ジャンル : ブログ

仮説「除染するミミズ」


<放射性セシウム>福島県川内村のミミズから検出



 ここで、調べなければならないことがあると、
 私は思っています。

 それは何か?
 それは、ミミズのウンチです。

 おそらく、間違いなく、
 ミミズのウンチの放射線量は極めて低いはずなのです。


 何故か、それは私の語る「育菌・養菌」の必要性と同じ軸の上にあることだからです。

 つまり、ミミズが除染をしてくれているんです。
 ミミズの腹の中には一杯細菌が住んで居て、
 原子転換をしてくれているのではないかと思うのです。


 以下の方法で除染ができているのは、
 全て、自然農法という共通点です。
 そこに居るのはミミズという生き物なんです。


新しい「農」のかたち
放射性物質に汚染された農地の再生に向けて
     -EM(有用微生物群)による放射能除去



ときどき、シュタイナー2011年04月04日
バイオダイナミックと放射能汚染



フルボ酸水溶液(リードアップ)テスト前、フルボ酸水溶液(リードアップ)散布後比較
 平成23年4月12日       約2ヶ月後         平成23年6月1日


 セシウム134          1500Bq/kg   →     630Bq/kg
 セシウム137          1500Bq/kg   →     630Bq/kg
 セシウム136           87Bq/kg    →      未検出

テーマ : 放射能対策
ジャンル : 育児

日本のマンガアニメ文化輸出

 かつて日本のアニメは、東アジア文化圏のもので、
 世界に波及することはないと思われていたようです。

 というのも、およそ25年ほど前、日本のアニメキャラについて
 とある日本人が、どのキャラがかわいいかと海外に於いて質問した際、
 「2次元的なアニメキャラに、なにか人間的人格的な要素を感じることは出来ない、
  だから「可愛いか」と質問されても、答えようがない。」
  と返事をされたと言われることからです。
  それに返事ができたのが東アジアの中国、韓国の留学生だけだった
  ということでした。



 西洋での日本のアニメの進出をみると、
 キャンディーキャンディーが1978年9月にフランスで放映が始まり、
 当時、日本人の子供がこれは日本のアニメだと言ったところ、
 そんなはずはない。これは純フランス産のアニメだとぼこぼこにされたという
 噂を聞いたことがありました。。

 その頃は、1978年7月にUFOロボ グレンダイザーが放映され、
 クリスマスには、男の子はその合体するおもちゃが、
 女の子は:キャンディーキャディーのお人形さんが
 大人気だったという話も聞いたことがあります。

 その前に、「ジャングル大帝」1972年、
 「リボンの騎士」1974年に放映されていたといわれていますが、
 人々の心に残すことはなかったのかもしれません。
http://www.geocities.jp/mmepilot75/animefrance/1978.htm

 つまり、その頃10歳前後だった世代から、マンガへの親近感を
 植え付けていくことになったんだと思います。


 私は1980年代中頃、初めて海外に出て、タイに立ち寄っていますが、
 その頃はすでにかなりの日本のアニメがTV放映され、
 マンガがタイの屋台の本屋を賑わせていたのを覚えています。
 その頃見たタイの屋台のマンガが、鏡写しになっており、
 その頃は、何故鏡写しになっているのか理解できませんでした。

 しかし、この日記を書くに当たり調べていると、
 「後ろから進む文字や絵」という文章から思い至りました。
 日本の本が右側から読むのに対し、
 タイでは左側開きにしたかったため、
 そのようにしたことが、今更思い至った次第です。


 と、当時では、日本のマンガ文化が、
 アジアではかなり普及していたのに対して、
 ヨーロッパでは、その頃ようやく、アニメを通して
 普及し始めたといった様子です。


 ドイツでは、更にフランスに遅れること10年後、90年代から火がつきました。
 91年にドイツで公開された「AKIRA」からそれは始まったとされます。
 それ以前に、『アルプスの少女ハイジ』などが放映されていましたが、
 それほどのインパクトは与えていなかったようです。



 この「AKIRA」については、世界的にインパクトを与えています。
 というのも、それまで、アニメは絵本と同じように、
 幼い子ども達に対する文化で、
 大人が楽しむものだとは、誰も思っていなかった。
 というところに因ります。

 ところが この「AKIRA」は、大人向けのアニメであり、
 大人が楽しむだけの質を持っていたということです。
http://www.geocities.jp/laugh_man_is/dai8kai.htm
 そして、世界各地で「AKIRA」は多くのファンを獲得し、
 日本のアニメの普及の役を大いに買ったということのようです。

 おそらく、それまでに、子供時代に、アニメに親しんできた人達が
 成長し、大人になっていて、
 大人向けのアニメを受け入れる下地ができていたことも
 影響していると思います。


 先に、子供向けのマンガで先行し、
 後から大人向けのマンガが指示を集めるというのは、
 日本でも起こった現象です。

 このように、日本に遅れること20年~30年で、
 他の国々に於いてもアニメ文化が形成されて、
 日の本アニメ文化を身近なものとして感じるようになった
 のではないかと推察されます。


 中東では、文化的な問題もあったようですが、
 それでも2000年以降にはかなり普及してきているようです。

 最近あったガザでデモの写真の中にこんなものが、
ガサのデモにハルヒちゃん


 凉宮ハルヒちゃんじゃないですか!!
 なんだか、胸が痛くなります。




 日本でアニメが普及した理由は、
 手塚治虫氏が、非常に安く鉄腕アトムの製作を請け負ったことに拠るもの
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20070110/teduka
 と考えて良いと私は思っています。

 人によっては、手塚治虫が制作費を安くしたことで、
 後輩のアニメ制作者の人件費を落としたとの批判をしていますが、
 ドラマなど他の番組に比べ、安く製作でき、視聴率も稼げたということは、
 それだけ番組の枠も、多くした。ということにも繋がったはずで、
 そのマンガや、アニメで育った人達が、
 その制作者にもなって行くという循環が起こり、
 市場が更に拡大し、日本を代表する産業になって行った
 と考えて良いのではないでしょうか。




 最近では、アニメもさることながら
 初音ミクもかなりな勢いを持って世界中に普及していると言われています。

>>「2012 ロンドン五輪オープニングセレモニー」で
>>パフォーマンスをしてほしいアーティストの投票
>>第1位を獲得しているのが、ボーカロイド「初音ミク」なのだ。
  とか

>>LA最大の「ノキア・シアター」に5000人を動員し、
>>その観客を熱狂の渦に巻き込んで。
  とか
http://www.netventure-news.com/news_7eH6vCiws.html


 初音ミクがここまでヒットした理由には
>>発売元のクリプトンはキャラクター画像については非営利であれば
>>ほぼ自由な利用を認めており、ユーザーによる歌声の利用だけでなく
>>キャラクターを用いた創作活動をも促進する形がとられている
 に依るところが大きいようです。

 このことは、現在の著作権法が如何に、
 この社会の発展を阻害しているかの裏返した現象と
 捉えることができるのではないかと、私は考えています。


 これは、初音ミクに限ったことではなくて、
 日本のアニメも、ディズニーキャラクターのように
 強固な著作権を振り回すことが少ないというのは、
 世界に普及する大きな原動力になっていると思います。

 それは、日本のアニメの輸出が、
 日本の製作会社が積極的に海外に打ち出していって
 普及していったものではないからです。

 1970年頃、日本の高度成長に世界が注目し、日本に来た人々が、
 日本に滞在していた記念として、マンガやアニメを持ち帰り、
 それをクールと感じた人々が
 「後ろから進む文字や絵」を格闘しながら、
 アンダーグラウンドなネットワークを通じて
 広がっていったからに他なりません。
http://cruel.org/other/animeprogress.html


 これは、ディズニーアニメの普及の仕方とは一線を架します。

 いまや、アニメ産業は、様々な工業製品の輸出が伸び悩む中
 日本の輸出産業の救世主になっていますが、
 それは、あくまでも、日本の産業界が意図的にプッシュし続けて得たものではなく、
 著作権の主張の前に、すでにある程度認知をされていて、
 その普及状態に載って、後から著作権が主張され輸出産業になって行った
 という経緯を踏んでいます。


 私は、著作権にしても、特許にしても、
 現代に於いては、5年も保護すれば十分だと考えています。
 でなければ、その保護が、社会の発展を阻害することになるでしょう。

 現代の世の中、インターネットの普及によって
 かつてないほどの早さで情報が飛び交う時代となりました。
 それに対して、特許、著作権という形で、二次利用の制限を掛けることは
 それは、逆に社会、世界の発展を阻害させることになっていると
 考えて良いのではないかと思います。


 この世界は、積極的に特許、著作権に対する処置を厳格化すると共に
 逆にその期間を短縮することで、
 この世界、社会を健全に発展させていくことが可能になると思います。

テーマ : 日本の文化
ジャンル : ブログ

戦争で肥え太るアメリカ国家を操る連中

 おそらく、イスラエルは、イランに原爆を落とすでしょう。
 そして、他の国がイスラエルを批判しようとも、
 アメリカはイスラエルを支持し続けるでしょう。

 アメリカの政治システムはほとんどユダヤ人に
 乗っ取られているのは周知のことです。
ワシントン最強の親イスラエル圧力団体「AIPAC」

 アメリカの政治の裏には、
 ユダヤの金貸しを始めとした軍産複合体と呼ばれる戦争が起こる度に
 利益を得ている連中がうごめいています。

 彼らは世界に戦争が起こることで世界の富を集めてきました。
 日本も例外ではなく、薩長も幕府もグラバーから武器を買い、
 グラバーが幕府を見捨てたことで、明治維新がじつげんしました。
 日露戦争以では、ユダヤ投資家ジェイコブ・シフから金を借り、
 戦費を調達しました。
 その後、ロスチャイルドも乗り出してきて、ロシアを見捨てたことで、
 ロシア革命が成功し、ソ連が誕生しました。

 彼らは戦費を貸し付け、武器を売り、情報を流すことで、
 自分たちの利に適う方を勝たせることをしてきました。


 さて、「日本が米国と戦争をする。」とおっしゃっている方がいらっしゃいますが
新ベンチャー革命2012年2月3日 No.525
 それはないと思います。
 アメリカの背後に居る連中は、
 属国日本とアメリカの戦争よりも、
 属国という立場を使って、細菌富みに勢力を伸ばしてきた中国と日本を
 戦わせる道を選ぶでしょう。

 彼らにとっては、戦争が起きることが利益に繋がります。
 そして日本が戦時国債を発行しなければならず、
 その買い付けに自分たちのところに頭を下げに来てくれることを
 期待して待っています。
 そして、様々な高性能な武器を買って逝ってくれることを企んでいるでしょう。

 世界の情勢を観る時に、アメリカの国益を思い浮かべるのは適当ではありません。
 元々アメリカ政府は、その裏側で政治を操っているユダヤ資本を始めとした
 軍産複合体の操り人形に過ぎません。
 彼らは今、日本そのものを食い物にしようと虎視眈々と狙っています。

 小泉竹中の働きで、日本の銀行はほぼ自分たちの手中に
 収めることができるようになりました。
 しかし、郵便貯金、年金はの取得は途中で挫折しています。
 それをTPPを使い、我が物にしようとしています。

 更に世界の国債の中でもっとも安全と言える日本の国債を、
 暴落の危機に瀕していると宣伝し、95%の国内保有率の切り崩しに掛かっています。
日経が煽っています。011年1月31日(月)
「国債暴落の危険性はもう無視できない」

 私たち日本人は、こういう発言の裏側にある邪な連中を意識してないと、
 とんでもなく足を踏み外すことになります。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

ある人に送ったハーモニーウォーターについての解説

 おそらくネット上の情報だけでは、
 ほとんど何も得られないと思います。
 mixiの中に、私が作ったコミュがあったりしますが、
STS地球環境蘇生運動の泣き笑い

 それも長いこと更新していません。


 半田和憲氏、まあ、面白い人なんだけれど、
 私が大切にしているのは、氏の伝える情報です。

 この知識を多くの人が共有できるようになることで、
 多くの人が健康を手にすることができるようになると思っています。



 最初の頃は全く理解できませんでした。
 以下は、半田氏は直接語っていませんが、
 半田氏の言葉から私が理解した内容です。


 私がこの水に出会った時、ハーモニーウォーターの分子角は165度と言っていました。
 (一般には104.5度と言われています。)
 そして、環境汚染が進んでいくと、104.5度の分子角は90度に近づいていき、
 水として存在できなくなると半田氏は語っています。

 5年ほど前、SP10という蘇生器を開発して、
 更にエネルギーを高め分子角を180度近くまで広げられるほど
 エネルギーを高めたと言うようになりました。

 水の場合、この分子角がエネルギーの高さの指標となりますが、
 他の物の場合には、イオン化というのが指標となるのではないかと
 私は思っています。


 マイナスイオンという言葉、
 象牙の塔の関係者にはすこぶる評判が悪いですが、
 実際にこれはあると、私は考えています。


 私は数年前、天羽優子氏に直接働きかけたこともありますが、
 彼女は頭が硬すぎて、
 実際に自分でその水を手にして実験してみようとはしてくれませんでした。
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/lab/
 (現在のHP、米のとぎ汁批判が真っ先に来てますね~(^▽^) )
 その後、彼女のブログが、以前の場所からここに移動してしまったので、
 私とのやりとりが残っているかどうかも分かりません。
 水商売ウォッチングにハーモニーウォーターへの批判だけは残っています。
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/atom11archive/wwatch/intro.html
 水商売ウォッチングコメント一覧 より
(その他の水)「「みみん」のホームページ」へのコメント へ


 実際に手にとって実験してみれば、普通の水との違いが明らかに分かり
 不思議に思うようになるはずですが、
 多くの象牙の塔に属する方々は、そういう作業をすることなく、
 「あり得ない」と一蹴に伏して、片隅に追いやろうとしてしまいます。

 とはいえ、いずれ、半田氏が語るニュートラルサイエンスは
 象牙の塔の人々の間でも認めざるを得なくなるだろうと思っています。


 それに対し、実利を重んじる実業界では、半田氏の主張は取り入れられ、
 自動車業界では、
 トヨタではプリウスのバッテリーの開発に使われていたり、
 マツダで、ロータリーエンジンで水素燃料を燃やすのに関わってみたり
 とかなり広い範囲で参考にされているようです。



 さて、マイナスイオンの話ですが、
 単純に、電気はプラスからマイナスに流れてしまう。
 と考えていると、
 全てのものがマイナスに帯電した状態というのはあり得ない
 ってことになります。

 その一方で、この宇宙の質量の97%はプラズマ状態に有り、
 私たちが物理学で理解できているのは3%の部分だけという
 宇宙物理学者の話があったりしています。


 何しろ今の物理学では質量と共に、
 この世界に存在する電子の量も一定と考えられています。
 そして、電子がどこかで多くなれば、どこかで少なくなっていて、
 多い方から少ない方への移動が起き、
 電流が生じるということになっています。

 ですから、電極をそこに差せば帯電していたものは、
 そこに留まっていることなく流れていってしまう
 と考えられています。


 でも、同じ電子でありながら、電流として流れる電子と、
 帯電し、その原子、分子にエネルギーを与える電子がある
 と考えると、いろいろ面白いことが考えられます。


 その一つの現れ方が、空気で言えば、マイナスイオンで
 液体で言えばクラスターで現せると言ったらどうでしょう?
 これは半田氏は直接語っていませんが、
 私は半田氏の話を類推して、そのように解釈しています。

 つまり、マイナスに帯電していると言うことは、
 電子を一杯抱えているということを意味します。
 (つまりエネルギーが豊富な状態です。)

 電子が一杯ついているということは、
 お互いに反発し合うことを意味します。

 必然的にマイナスに帯電しあっているもの同士は反発し、
 クラスターが小さくなることを意味します。

 微生物の消化活動では、
 様々な触媒を使って、熱を発生させない化学反応を起こしていると共に、
 このような仕事もしていると考えて良いようです。


 たとえば、ビタミン類など、
 科学的に合成し、造られたビタミンと、
 天然のビタミンは性質が違うことが知られています。
 分子配列は一緒なので、
 現代科学ではその違いを述べることができません。

 しかし、この、エネルギーの違いで述べるならば、
 天然の微生物が造ったビタミンは、イオン化していて、
 お互いに反発し合うことで、自立して血液の中を飛び回ります。
 化学合成されたビタミンはエネルギーが低く、
 プラスに帯電しているので、お互いが呼び寄せ合い、
 大きな塊となってしまっています。

 このとき、細胞の働きを考えると、
 細胞は、同じビタミンであっても
 プラスに帯電して大きな塊になっているビタミンは
 取り込むことができません。

 細胞の入り口には、私たちの口のように
 大きなせんべいをがりがり細かく砕いて食べる機能はないってことです。

 しかし、マイナスに帯電し、エネルギーが高く、
 一つ一つの分子が独立して存在しているビタミンは、
 細胞の入り口を通り、細胞の要求に応えることができますね。

 これがエネルギーを持たない化学合成されたものと
 エネルギーが高い微生物が産みだした生成物の違いだろうと思われます。


 たとえば、鉄分が足りない。という時、
 鉄分が足りないからと、釘を何本も飲み込んだところで、
 鉄分は補えません。
 結局、ほうれん草だとか、牡蠣だとか、
 生物が一旦鉄を消化し、イオン化し、
 一つ一つの分子が独立して存在するようにしたものでなければ、
 いくら、グラインダーで細かく砕いた鉄を食べたところで、
 細胞に行き着く前に、自立していられなくなり、
 他の物質と団子になってみたり、一番多いのは酸化するという形をとって、
 細胞に取り込まれることはありません。


 命の役に立つということは、
 つまり、それぞれの栄養素がマイナスに帯電しており、
 一つ一つの分子が自立して存在している必要があるということです。

 それを生み出すのが、微生物達の働きです。



 そして、ここに、
 腐敗と、発酵の違いを明確に分けることができるようになります。

 毒とは何か? というと、
 毒というのは、急激な酸化作用です。
 体内のある特定の物質に対して、
 酸化することで酸素を奪い、酸化するものが毒と言われます。

 毒性の強い物ほど、この酸化作用が急激です。

 酸化というのは、
 酸素が持つ電子を奪うということです。
 ですから、電子が豊富にあるイオン化状態では、
 毒としての作用はしにくくなります。

 つまり、微生物の活動であっても、
 この毒を生み出すものを腐敗と呼び、
 毒を生み出さないものを発酵と考えて良いということです。

 そして、電子が一杯ある環境の中では、
 連鎖的に微生物が活動を活発化させ、消化してくれるため
 イオン化が進むことで、命にとって更にエネルギーの高い状態を生み出します。


 こうしたことから、
 ノロウィルスや、O157に対する現代の医学の対処方法が
 如何に間違っているかが分かります。

 大阪でO157が大発生した時、大阪の水道水の塩素濃度が20ppmあった
 と噂されています。

 水道の消毒には次亜塩素酸ナトリウムが使われていますが、
 この次亜塩素酸ナトリウムは猛毒です。
 毒を一杯投入して、水のエネルギーを目一杯落としてしまっています。
 ですから、そのような水は、腐ることしかできません。

 そして、一般的な細菌が全て殺された状態では、
 普通ならば弱くて生き残ることができない猛毒を生み出す
 ノロウィルスや、O157が繁殖できる下地が生まれます。

 基本的なことが分かってしまえば、
 ごく自然に導かれる答えです。


 腐敗を起こす環境では、エネルギーが低くいため、
 様々な分子同士が、お互いの電子を欲しがって固まる性質があります。
 それを端的に現すのが『酸化』です。
 そのような環境では、
 酸化を引き起こす毒を生むウィルスが繁殖することになります。

 それに対して。発酵環境ではエネルギーが高く、
 個々の分子同士は電子を多く抱えていることから反発し合い、独立して存在し、
 微生物も消化しやすい状態となり、
 その環境の中で益々発酵活動が活発化します。
 たとえ、酸化する毒があったとしても、
 すぐさま電子が供給されるので安定化します。



 科学合成したビタミンが危険なのは、
 エネルギーが低くプラスに帯電していることから、
 細胞に対してビタミンとして機能する前に、
 酸化してしまうことにあります。

 つまり、役に立つビタミンの機能以上に
 毒としての酸化作用の方が強く現れてしまうことです。

 化学合成された物質の、ほとんどは、体内で、
 その酸化作用によって毒となって体を蝕みます。


 酸化作用は毒であり、老化でもあるので
 添加物一杯の食品を食べ続けるってことは、
 老化も早くなることを意味しています。


 半田氏はいろんなサプリメントのようなも商品を出していますが、
 やっていることは、単純にこういうことでしかないと思われます。

 高エネルギーの水を使い、高エネルギーの環境を造り
 特定の作用をする微生物を養い、
 その微生物によって発酵させることで、イオン化し、
 塩にしても、キトサン等にしても、他の類似製品と比べ
 何百、何千倍も吸収率の良い製品を作ることができるって訳です。


 つまり、そのことを知っちゃえば、
 わざわざ半田氏の生み出す製品を買わなくたって、
 積極的に体の内外に微生物を養うことをしていたら、
 自然とそれができてしまうことを意味します。



 半田氏の電子の理論は、
 希釈振盪を繰り返し、アボガドロ数以上に薄めてしまうホメオパシーが
 何故効果があるかも説明可能にしてくれます。

 あるモノが、水素か、酸素か、炭素かといった物としての認識は
 その陽子や中性子の数で決められます。
 しかし、その物の性質というのは、それぞれが持つ
 電子軌道によって生まれている。ってことです。

 炭素が炭素たる所以は、陽子が6つある原子だということです。
 酸素が酸素たる所以は、陽子が8つある原子だということです。

 ですが、炭素の炭素たる性質は、
 その炭素の持つ6つの電子の軌道にあります。
 また、酸素の酸素たる性質は、
 その酸素の持つ8つの電子の軌道に依ります。

 そこが重要なんです。

 そして、不思議なことに、その分子同士がぶつかり合うことで
 その電子軌道の情報を転写する性質があるようなのです。

 日本の銘刀の中に、同じ鉄で作っているのに、
 刃こぼれしにくかったり、切れ味が良くなったりと、
 普通の鉄ではあり得ない性質を持つものがあります。

 それは、ヤキを入れる過程の中で、
 硬いバナジウムの性質、切れ味の良いチタンの性質を
 鉄に入れ込むことに依るのだそうです。
 そのようにして、遊びで作った包丁を販売したことがあります。
 名のある包丁屋さんに協力してもらったようですが、
 とても切れ味の良い包丁です。

 そこでは、やっぱり鍛冶屋の叩くという作業や、
 ホメオパシーの希釈振盪という作業が
 重要な意味を持つということが分かります。

 このことは、現代科学の巨頭
 象牙の塔の信者達は必ず否定するでしょう。

 ですが、ハーモニーウォーターの転写しやすい性質、
 半田理論から類推して、
 起こりえることが見えてくる世界です。




 ルイ・ケルブランのニワトリの実験というのがあります。
 つまり、カルシウムを与てないのに卵を産む鶏の実験です。

 象牙の塔に所属する研究者は、自分で確かめることなく
 あり得ないと一蹴していますが、私はあり得ると思っています。

 実験では、雲母を与える前は、卵の殻は柔らかかったという記述から
 雲母にカルシウムになる物質があったと考えると、
 それは、カリウムの可能性がかなり高くなります。
 K+ + H+ = Ca++ + 51e- 式で現されるようです。

 要は、水分子の水素分子の内、水素分子をプラスイオン化すれば
 陽子単独のプロトンという状態になります。
 それをカリウムとくっつけるってことでカルシウムにできますね。

 ここで問題になるのが
 =質量欠損項 と呼ばれるエネルギー量
 1モル40gのカルシウムを生むためには、この51eのエネルギーが必要なそうな
 1gのカルシウムを生むには、47Asの電気量になります。
 生体内で微生物たちは、せっせとそれだけのエネルギーを生み出し
 カリウムからカルシウムを生みだしているってことでしょう。

 そもそも、微生物たちは、イオン化という、無から電子を生み出す作業を
 日々黙々とやり続けています。
 その中で、この程度のエネルギーを生む作業は、
 それほど難しいことではないような気がします。

 おそらく今の現代科学の力で化学的に化学合成されたビタミンを
 イオン化しようと思ったら、コストが掛かりすぎて全くできないだろうと思えます。

 ところが微生物たちは、いとも簡単にそれをやってくれているようです。



 元々、化石燃料と呼ばれる物も、
 微生物が働いて生み出したものに他なりません。
 つまり、イオン化という形で生まれているエネルギーが、
 流れる電気という形に効率よく変換できれば良い訳で、

 そう考えたなら、今ここで生きている微生物たちに
 せっせとそのような仕事をして頂いて
 どこに居ても手軽に電気エネルギーを手にできるってことになれば良い訳で
 それは、それほど難しいことではないのではないかと、
 思えていたりしてきます。





 おそらく、この辺の情報は、ネットを探しても、
 見つけることはできないと思います。
 あくまでも、私の私的見解です。

 地球環境蘇生会員であっても、ここまでイメージできている人は
 あまりいないのではないかと思っています。

 もしかしたら、私の理解の仕方が間違っているところがあるかもしれませんが、
 それほど大きく外しては居ないだろうと思っています。

 これにより、
 半田和憲氏の語る科学に興味を持っていただけたら幸いです。

 最終的には、微生物の発酵が放射能の被害を含め
 人類を救ってくれるってところに行くと私は思えるのですが、

 それを進めてくれるアイテムとして、
 ハーモニーウォーターだとか、
 フルボ酸はかなり役に立つと思います。


 STSプロジェクトHP

 STS地球環境蘇生運動の泣き笑い



テーマ : おすすめ!
ジャンル : その他

知らなかったで済めば責任者はいらない。

 原子力安全委員会も、対策本部も、事故現場の当事者も、
 「水素爆発を想定しなかった」と弁明しつつ

 「3.11地震後、現場の社員達が危険を顧みず
 開かなくなったブローアウトパネルの代わりの穴をあけに向かいましたが
 作業が間に合わずにとうとう爆発してしまったのです・・・。」
 なんていう現場での当事者の話が出ています。

傍観者の独り言 2012-01-31 12:41:27
原発事故:「爆発しない」が時間経過とともに
「建屋爆発は想定できなかった」へ・・・責任分散・責任回避



 このことは、震災初日の11日夜、
 菅は班目に「水素爆発はないのか」と何度も尋ねた。
 「ありません」と班目は言っていた。
 と同じ頃、現場では、水素爆発を怖れて、作業していたことを意味し、

 班目氏にはその情報が全く届いていなかったということなのでしょうか?

 なんだか、空々しいイメージです。

院長の独り言 2012年01月01日
ブローアウトパネルの補強でフクシマは、爆発した?




 ブローアウトパネルが開けば水素爆発は起きなかったはずなんだ。
 で、しかも、ブローアウトパネルは、中越地震の際に地震の揺れで
 柏崎・刈羽原発のブローアウトパネルが開いてしまったことを重く見て
 保安院が開かないように改修することを東電に指示したため、
 中越地震後、東電管轄内の原発のブローアウトパネルは
 溶接等で閉じられたのです

 という、保安院の保安規定違反の可能性を伝える情報まで飛び出ています。


 この辺のことから、不隙間第一原発事故の初期動の対応の悪さは、
 対策本部に、原発推進派の頭が狂った連中しか集めていなかった
 内閣府の責任ってのもありそうです。

 とはいえ
 ここまで来たら誰かが責任とって自殺されたところで何の意味もない。
 ただ怖いのは、今も同じようなことが行われていて、
 誰も責任をとらないまま、多くの人を被ばくさせる現状が続いていることです。
 いつ、誰がそれを責任とって、この状況を改善してくれるのでしょう。


 未だに政府内部には原発推進派の頭が狂った連中ばかりなようなので
 多くの人に更に被ばくさせる政策は、続いていくことでしょう。


 追記、 こんなニュースもあります。

<細野原発事故相>運転開始40年超の原発「再稼働難しい」
(毎日新聞 - 01月31日 21:05)




 このような想定外ばかりの事故の後のこと、
 築40年なんて言っておらず、
 全ての原発の再稼働はご遠慮願いたいものです。


テーマ : 福島第一原発
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

ねこって

Author:ねこって
 世に巣喰う(金融,医療,エネルギー等の)利権を排除し、メディアによる染脳から脱却し、オルタナティブな社会の実現を目指しています。
 キーワード、国民配当(ベーシックインカム)、千島学説、地球環境蘇生運動 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。