スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンの治療法、まとめ

 ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)の日隅一雄氏が
 胆嚢癌の末期宣告を受けたそうです。
【胆のう末期癌宣告後254日目】ペインコントロール初期の状況その22

 これまで、この方は、様々な利権に対して、
 告発するような記事を書いてきていたのですが、
 彼の治療のメインが抗がん剤であることを知り、
 ちょっと驚きました。


 癌治療の民間療法は、そのまま、放射線対策になります。
 それは、放射線で壊された細胞を修復するというのは、
 癌細胞を修復し、免疫力を高めることと一緒だからです。 
 現代医学は切除、放射線治療、抗がん剤で免疫系を破壊することばかりを
 治療と称してやっています。
 彼らは、癌が不治の病であることで、膨大な利益を得ています。

 それを問題にしても仕方ありません。
 まずは、自分で自分の身を守るべく、
 体に本当に効く、癌の治療法、
 つまりは、放射線対策を身につけておきましょう。



 日隅一雄氏の治療方法は以下のようです。
 抗がん剤:ジェムザール(点滴)+TS-1(一日2回服用)
 免疫:樹状細胞療法+リンパ球療法
 丸山ワクチン:A型週3度接種
 漢方薬:個人輸入
 サプリ:フコイダン、βグルカン、αグルカン(2種)、ビタミンC、梅エキス。
 青汁と穀物加工型サプリについては、消化力が落ちていること、
 食事量が限定されていることから、一時停止。
 整体など:日本式、中国式、理学療法、鍼灸、ヒーリング


 治療はほとんどペインコントロールにが主体となり、
 死の準備段階といったところです。




 まず、ガンについての正しい知識を持つこと。
 これが何よりも大事です。
 このことに確信を得ていなければ、
 すぐに、ガンの三大療法と言われる切除、放射線療法、抗がん剤に
 走ってしまいます。

 それには、この本がもっとも良い本です。
 「ガン呪縛」を解く 稲田芳弘著 ECO・クリエイティブの出版

 PDFおよびePub版のネットブック(無料)もあります。
http://books.creative.co.jp/share.php
 htmlのブログ化した物のあります。
http://www.creative.co.jp/m/eco/main.cgi?m=490

 その他、ここに資料が沢山あります。
医猟地獄の犠牲になるな 次はあなたが殺される




 しかし、末期癌となってしまったら、
 まずは体を温め、患部を暖め、ゲルマニウム温浴を繰り返し、汗をかくことと、
 断食から始めないとならないと思います。



 癌と断食についての記事
http://hon42.com/iryou/dan.html

 計画的な断食が必要です。

 断食道場として有名なところ
 甲田医院
〒581-0869 大阪府八尾市桜ヶ丘2-22
TEL:072-922-5300  FAX:072-922-7173


 熱海断食道場
〒413-0002 静岡県熱海市伊豆山1062-34
TEL: 0557-80-2101
http://health.vis.ne.jp/


甲田光雄「小食健康法」NHKラジオ深夜便
http://p.tl/crG8

可能なるか!?不食で生き続ける人たち
http://p.tl/y7fu


 ここでテーマ、
 宿便とは何か?
 断食して何日かすると、宿便が出ます。
 この宿便は、不健康な生活をしていると、
 腸のヒダの間にこびりつき溜まり、小腸を不健康にしてきたカスだ
 と言う言い方がされます。
 しかし、現代医学に置いて、この宿便に値するカスを見た医者はいません。
 でも、断食をして何日かすると、
 異様に黒っぽかったり、緑色をしていたりと、
 人により違いますが、普段の便とはかなり違った便が排出されます。
 これは、何処になったもので、どこから来るのでしょうか?

 私はこの便が、必ずしも、腸にあったと考える必要はないと思っています。
 つまり、血液の毒が排出されたと考えても良いし、
 肝臓や胆嚢の毒が出てきたと考えても良いと思っています。

 いずれにしても、断食前の腸内の環境と
 断食してからの腸内の環境は換わります。

 腸内の環境が健康な状態というのは、
 腸内細菌が豊富で、酸素が豊富なことから、腸内で良く発酵し、
 必要な栄養の培養がされているという状態です。

 それが不健康になると、
 腸内細菌の種類、量が減り、酸素が少ないことから、
 腐敗も起こります。
 腐敗によって生じる生成物は、毒であり、
 血液や、体の細胞から酸素を奪い、老化と、病気を生み出します。

 それが断食により、不健康な状態を保てなくなると、
 それらの老廃物、腐食物が押し出され、出てくる。
 それが宿便ではないかと思えます。



 その他の治療法

 私の基本的考えは、目標を「不食」
 そのためには、「育菌・養菌生活」が必要と考えています。
 そのことから、基本は、種類多く豊富に発酵食品を摂ることです。
 それが、不食生活の準備ともなり、もっとも安価なガンの退治方になります。

 その、体内の発酵を助けるものとして、
 腐植前駆物質「フルボ酸」は強力な助っ人です。

 これそのものに、豊富な栄養があったりする訳ではなく、
 これにより様々な有益な細菌が繁殖することで、
 必要な微量栄養素が生成され、体に取り込まれることにより、
 体を健康にしてくれます。

腐植前駆物質「フルボ酸」 開発者ディック・ミヤヤマ(Dr. Dick Miyayama)
Miyamonte Fulvic News 特徴と可能性 

放射能とフルボ酸(腐植前駆物質)の驚異!!2011-12-07

自己免疫疾患に対する自然療法について(自己免疫疾患の治療研究センター)



 緊急時の病気の対処方法は、
 体内の消毒です。

 普段からあまり頻繁に消毒するのは感心しませんが、
 体内が極度に汚れてしまっている時には、
 この消毒は訳に立ちます。
 その消毒薬として、MMS(二酸化塩素)と、MMS2(次亜塩素酸カルシウム)
 を使います。
 この二つの種類の消毒薬は、正常な細胞まで傷つけない希な消毒薬です。


 MMS(miracr mineral sapliment)ミラクル ミネラル サプリメント
 開発者ジム・ハンブル氏(Jim Humble)
本当に奇跡なMMS
http://tamekiyo.com/documents/original/mms.html
公式HPはこちら、
http://jhumble-japan.health.officelive.com/default.aspx


 ただ、毒を排出急激に進めると、下痢と嘔吐をがひどくなるので
 慎重に摂取量を増やしていくのが良いです。


 最近特に注目されている癌対策として、ソマチッドがあります。
 但し、日本ではその情報が正しく伝わらず、
 「ソマチット」という偽の概念の方が普及しています。
 そのソマチットは、古代の化石の中にあり、
 その化石をサプリメントとして食べると
 効果が得られるというものですが、
 ソマチッドを語るガストン・ネイサン氏はそんなことを言っていません。

 彼は、ソマチッド カンファー製剤714X を用いて治療します。

 ただ、その摂取の仕方は、
 ただ筋肉や血管に注射しても効き目がなく
 注射する場所が指定されています。
 きちんとガストン・ネイサン氏に指導を受けた人でないと
 せっかくカンファー剤714Xを手に入れても、
 無駄になるようなので、注意が必要です。

 そのカンファー剤は「ただの水」とも言われていますが、
 ホメオパシー治療でも希釈はアボガドロ数以上になると現物がなくなります。
 それをして、効果があり得ないというのは間違いだと思います。

 ソマチッド 開発者ガストン・ネイサン(Gaston Naessens)
カンファー製剤714Xの誕生/生命の根源物質ソマチッド
http://714x.seesaa.net/

イーハトーヴ・クリニック 
横浜市青葉区美しが丘2-18-9ニューライフビル202
TEL/FAX 045-902-7240
http://ihatovo-clinic.com/seminar_howa.html

Vidaメディカルサポート 熊本市健軍3-29-8-4F
TEL 096-368-8162
http://www.sebastyan.net/index.html



 次に、癌は寄生虫によるものだと主張し、
 肝臓を洗浄することで癌を治療をする方法です。

 レバーフラッシュ 開発者ハルダ・R. クラーク(Hulda Regehr Clark)
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/34218174.html

レバーフラッシュ セット Medical Derma Light
http://medicaldermalight.com/liver_flash002
クシロ薬局 レバーフラッシュキット
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/34218174.html

 本当に、癌が、寄生虫に拠るものなのかどうかは分からないですが、
 この方法のにより血液の浄化はできるようなので、
 癌に効くことは間違いないと思います。

 育菌生活をするようになってからレバーフラッシュをしましたが、
 緑色の結石は出なくなりました。
 おそらく、それだけ私の血液がきれいになっていると言うことだと思います。




 詳しいことは分かりませんが、
 ある周波数の電気的波動を送る(電子照射する)ことで
 治療をしようというものです。

AWG (Arbitrary Waveform Generator) 松浦優之医学博士
http://www.petesdamedical.net/index.html

松浦優之医博に関する追加記述(1)
http://www.creative.co.jp/m/topics/main.cgi?m=241


 この方法は、1910年頃
 ロイヤル・レイモンド・ライフ博士がアメリカで
 分光学的特徴である固有の周波数を与えたのに似ています。
 この、ライフ博士は、ガストン・ネイサン氏よりも50年早く、
 ソマチッドらしきものを自ら作った顕微鏡で観察しています。
http://www.thinker-japan.com/life.html








 癌治療の基本は、患部を暖めることと、血液への酸素の供給です。
 血液が酸化していることで、その人の体の弱いヶ所で酸素供給が滞り、
 細胞の修復が間に合わず、ガンが増えていきます。
 酸素不足は低体温症として現れ、癌の進行を促進します。
 ですから、血液をきれいにすることが
 癌治療の基本です。
 抗がん剤治療は、逆に血液を酸化させ、免疫力を落とす療法です。



 あと、私が、日常的にやっている癌対策は、
 『水』です。

 『水』は命の基本です。
 私は、腐敗は起こらず、発酵しか起こらない 『水』 を毎日使っています。
 その 『水』はハーモニーウォーターと命名されています。
 これは、STSプロジェクトという会社で販売しています。
http://www.stspro.com/main/main.html
 浄化装置を水道に取り付けることで得ることができます。
 システム販売により売られているため、それを嫌う人も多いですが、
 システム販売は、マスコミに拠らない人同士の信用により
 その良さが伝えられる販売方法です。
 この水は、メチャ健康に効くよという私を信じることができる方に
 導入してもらいたい本当に役立つものです。


 この 『水』は本当に良いです。
 水を頂く時に放射能の心配をする必要がありません。
 この水の技術を基本にして、
 様々なガンに有効な商品が開発されています。

 ここではいちいち一つ一つの商品を取り上げませんが、
 ここで提供しているものはイオン化しているので、
 体への浸透率が他社製品とは何千倍何万倍も違います。

 人は釘を飲み込んだからといって、鉄分を摂れる訳ではありません。
 微生物たちがせっせと消化し、
 細胞のそれぞれのチャンネルと通るサイズにまで分解したものでなければ
 どんなに高級な成分も意味がないのです。

 世の中で化学合成されて生み出されたビタミンなんかはその好例です。
 いくら化学式がビタミンであっても、イオン化していないことで、
 逆に、体にとっては害にしかなりません。
 いい加減なサプリメントは、逆に体の負担になるので摂らない方が良いです。

 その意味に於いて、
 あらゆるサプリメントなんてものは止めて、
 様々な種類の野菜を発酵させた自作酵素を摂ることをお勧めします。

 その際にも、このハーモニーウォーターは、心強い味方になってくれます。
 更にそこに、腐植前駆物質「フルボ酸」を加えたら、
 通常の半分も発酵に時間が掛からないで、
 期待できる発酵食品を手に入れることができます。




 まあ、その他、フコダインが良いとか、キトサンが良いとか春ウコンが良いとか
 言われていますが、
 バカ高いサプリメントに、金をつぎ込むのはどうかと思います。


 基本は、まず、食べないこと、
 食べるなら、少量、できるだけ良く発酵されたものを食べる。
 これが、何よりの癌対策で、放射線対策だと思います。

スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこって

Author:ねこって
 世に巣喰う(金融,医療,エネルギー等の)利権を排除し、メディアによる染脳から脱却し、オルタナティブな社会の実現を目指しています。
 キーワード、国民配当(ベーシックインカム)、千島学説、地球環境蘇生運動 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。