スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌・エイズ等難病を99%以上の確率で治すワクチン

 チャチューワ氏が見つけたがん細胞のメカニズム
 誘導消失療法 IRT(Induced Remission Therapy)

癌・エイズ等難病を治すワクチンは存在していた!  ケイ・ミズモリ


 この治療違法も、やはり、免疫系を強化する働きにより、
 病気を治療するようです。

 そして、この治療法も、世界のあらゆる効果的治療法と同様に、
 闇に葬り去られるという道をたどりました。

 1995年夏、チャチューワ博士は、過去15年間の研究が報われ、
 人生において最も輝かしい体験をする予定であった。
 その10年以上も前に、彼が開発した療法とワクチンは完成していたが、
 まずは自分の研究成果を医療関係者に伝えるために世界中を回り、
 事前に医療機関で臨床実験が行われる必要があった。
 コロラド大学、UCLA、シーダース・サイナイ・メディカル・センター(CSMC)で、
 他のいかなる治療方法でも効果を上げることの出来なかった患者に対して、
 彼の開発したワクチンを投与する臨床実験が試みられた。
 結果は、99%以上の患者にすぐに効果が現れる、驚くべきものであった。
 その実験に関わった医師達は皆興奮して、
 チャチューワ博士の開発したワクチンの奇跡的効果に感激を露にした。
 自分の開発したワクチンの効果を一流の医療機関で確認して、
 自信を持ってオーストラリアに帰国したチャチューワ博士は、
 世界に向けて、まさにその成果を発表する段階であった。
 ところが、突然のようにテレビや新聞のインタビューはキャンセルされ、
 これまで好意的に彼の研究を支持してきた医学者達が態度を急変させた。
 彼は自分の研究成果を追検証する医療機関に
 10万ドルの資金提供を申し出ていたにも関わらず、
 どこの医療機関も彼の研究を取り上げる計画を取り止めてしまった。
 オーストラリア医学協会の者達は、詐欺師であるとして、
 チャチューワ博士を非難し始めた。

 チャチューワは18歳の頃、
 小腸だけは、癌の拡大に抵抗力を示すばかりか、
 癌を進展させることがほとんどないことに関心を寄せた。
 小腸はパイアー斑と呼ばれるリンパ組織の小節で
 自らの免疫保護力の恩恵を受けている。
 それが癌の進行と腫瘍の拡大を妨げるものと考えた。

 チャチューワは癌などが奇跡的に消失してしまうという現象に
 興味を持って調べてきた。
 その中で、普通の人であれば死に至らしめる天然痘、マラリア、脳炎や
 他の感染症のウィルスを癌患者に投与した患者が
 その感染によって死ぬケースはほとんど無く、
 癌患者達は、それらの強烈なウィルスの攻撃に対して、
 自らを守ると共に、癌細胞をも破壊してしまうのである。
 患者は、癌が発病している間に、
 病気に対する免疫反応を効果的に発動させる能力があるようだった。


 癌細胞は生体をその母体内で被包し、
 「その細胞と取り込まれたものを破壊するために」抗体を発することになる。
 体が打ち負かす事の出来ない感染がみられれば、
 癌細胞は「それを被包しようとして急速に成長しようとする。」
 しかし、感染を受けた生体を注入すると、単純に癌が広がることはない。
 癌細胞は広範囲に抗菌・抗ウィルス性のエージェントを発生させるが、
 その中には、HIVに対してさえ効力のあるエージェントも含まれるのである。

 癌やエイズのような病気の細胞は、
 容易に冒され、蔓延る遺伝子的・代謝的構造を持っている。
 もし患者の免疫反応が適切に評価されれば、
 病気はそれ自体を破壊に導く抗原を発生させることが出来る。
 単純に(病原菌?を)投与すれば、
 1つの癌細胞は健康な細胞よりも遥かに異なる遺伝子情報を発生させるようになり、
 それ故に様相を変化させ、細胞とその内部のウィルスを刺激して
 免疫学的に多量の免疫細胞に注意を向けさせるようにする。

 癌やエイズを効果的に破壊することはできないが、
 病気に冒された細胞とその元の両方の様相を変えることができる。
 そして、それらを効果的に根絶させるように、
 大量の免疫細胞を発生させることができる。
 病気を、我々が対処可能なものと似た状態にすることで、
 それを簡単に取り除けるようにするのである。

  IRT(Induced Remission Therapy = 誘導消失療法)は
 病気に冒された遺伝子を(人の免疫系が)容易に認識・破壊させられるように
 仕向ける。
 細胞治癒を確実にするために、病原性の無い有機物のみ(ワクチン)を利用し、
 通常の遺伝子材料を持った細胞で満たすことで治癒をうながす。
 ウィルス自体の逆転写酵素を利用したワクチンは、
 目標であるウィルスのDNA近辺に注射され、駆除される。


 IRTは、心臓病を含む多くの病気に驚くべき治癒反応をもたらしている。
 50歳のある糖尿病患者の場合、
 わずか2日間の治療で心臓の機能が高まり、改善が現れた。
 炎症性の病気、ぜん息、多発性硬化症、尋常性狼蒼、慢性疲労症候群、
 関節炎、乾癬、痴呆等にも効果があった。

 チャチューワ博士は、1995年以降、
 数々の無益な裁判をしなければならなくなった。
 その、どれもが、相手側の矛盾だらけの対応が次々と暴露される
 という結果となった。

 その間に、
 大変な時間、お金、労力を掛けて開発した最も効果の大きかったワクチンが
 無くなってしまい、一から製造を始めねばならない状況になった。

 そして、現在、サム・チャチューワ博士の消息は不明です。
  (おそらく殺されていますね。)



 このケイ・ミズモリ氏のサイトに、
 ガスト・ネイサン氏のソマチッドの記事もあったので、
 リンクします。

 生命の根源物質ソマチッドの謎


 ガスト・ネイサン氏は、80代半ばというのに、
 今も元氣で活躍しております。
 このように効果のある治療法を開発した方が、
 長く生存することは、とても希なことだと思います。





 ■新型インフル特措法案、国会提出へ…官房長官 (読売新聞 - 01月10日 22:54)


 「新型インフル特措法案」 どうも、胡散臭いですよね~。

 一昨年の豚インフルエンザの時も、
 大した致死力がないのに異常に騒ぎ立てて、恐怖心を煽ってました。
 この法案も、予防接種を受けさせようと画策した医療業界が背後にあって、
 この法案を生みだしているような気がしてなりません。

 それと共に、「外出自粛要請や集会中止を指示できる」って、
 かなり、ファシズムの臭いがします。
 「病原菌がそこになくても、移る可能性がある。」といえば、
 あらゆる集会、外出を、規制できてしまいます。

 ブルブルブル。
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこって

Author:ねこって
 世に巣喰う(金融,医療,エネルギー等の)利権を排除し、メディアによる染脳から脱却し、オルタナティブな社会の実現を目指しています。
 キーワード、国民配当(ベーシックインカム)、千島学説、地球環境蘇生運動 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。