スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつでも避難できるようにしておいた方が良い

 田中優氏が警告しています。

 第109号:新年の憂うつ
田中優の“持続する志”  2012/01/07

 元旦にふくいち4号機が震度4で水漏れ事故を起こしています。
 政府は終息宣言を出していますが、
 震度4でも傾くような原子炉に安心していられますか?
 と問いかけています。

 4号機には使用済み核燃料の束は、1,331体もあるそうです。
 もし、4号機のそれが漏れ出したら、
 これまでの放出流よりも更に多い量が漏れ出すことになります。
 そうなると、半径250kmの範囲で待避しなければなりません。

 それはいつ起こるか分かりません。
 いつでも逃げられるよう準備しておいた方が良さそうです。
 ということです。


小出裕章が4号機倒壊を心配
「(倒壊すれば)250キロというようなところも、膨大な汚染を受ける」
毎日放送「たね蒔きジャーナル 2012年1月9日
 動画
http://hiroakikoide.wordpress.com/
 文字起こし
(1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65784721.html
(2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65784723.html


 4号機の使用済み燃料プールには
 放射能を閉じ込めるという防壁に関していえば何も無い
 そのプールの中に、4号機の場合には、
 原子炉の中に通常入っている燃料の、2倍あるいは3倍分ぐらいの
 使用済みの燃料はたまっている。

 4号機は、そこに使用済燃料プールが埋めこまれている場所というところが、
 すでに爆発で破壊されてしまっているわけで。
 使用済燃料プールが崩壊してしまうかがわからないという、そういう状態が
 3月15日でした。



 ということで、どう収束しているのかは知りませんが、
 私たちは福島で地震がある度に、
 ふくいちの状態を確認し、
 いつでも逃げられるようにしていなければならないようです。





<福島第1原発>60代男性が作業中、心肺停止状態に (毎日新聞 - 01月09日 22:25)


 やはりこれも、東電政府は、放射能の影響を認めないでしょう。
 でも、心臓病は心臓を動かす筋肉が被ばくして起こります。
 こんなことをしていたら、
 やくざを喜ばせるだけで、
 益々原発の復旧作業に集まる作業員を集めにくくするだけです。
スポンサーサイト

テーマ : 福島第一原発
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこって

Author:ねこって
 世に巣喰う(金融,医療,エネルギー等の)利権を排除し、メディアによる染脳から脱却し、オルタナティブな社会の実現を目指しています。
 キーワード、国民配当(ベーシックインカム)、千島学説、地球環境蘇生運動 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。