スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お遍路旅54日目

2月 16日

やっぱり、テントを張っておいた方が良かった。
そう思った朝でした。
前日の宿営地では水場がなかったことから
場所を替え、下阪本の「北大津湖岸緑地」を宿営地にしてました。
http://www.panoramio.com/photo/86304429
朝起きると、吹きさらしで、雪が頭の上にうっすらと積もっています。
寝ていた縁台は狭くて、背筋を伸ばして寝ることもできず、
顔に冷たい雨風が当たって、
時間的には十分寝たはずなんだけれど、
あまり寝た気分になれていません。
眠気がまとわりつくような朝の気分です。

どうも、比叡山に入山を拒否されているかのようです。
今日には天気が回復するとの天気予報でしたが、
回復するどころか、朝になっても、寝ている処に吹き込んできます。
そのため、なかなか起き出す気になれません。
といって、いつまでもここで寝ている訳にも行かず、
7時半頃からごそごそ動き始めました。

その公園にはトイレはあったものの、
あまりにも汚いボットントイレだったため
歩いて近くのマクドナルドまで行き、
何も注文しないのに、トイレだけをお借りしてきました。
掃除しているお姉さんに不審がられたかな?

だらだらと、9時過ぎにねぐらを引き払い、
坂本ケーブル駅の近くにある日吉大社に行きました。

日吉大社は大きな神社でした。
予定外に大きな神社でびっくりしました。

更に、拝観料300円取るのにもびっくりしました。
そのことに違和感を感じつつ、
お賽銭の金額を減らして対応すれば良いだけのことと
参拝させて頂きました。

ここには、
西本宮、東本宮、奥宮とあります。
西本宮に入る鳥居の前に、しめ縄をされた石が二つありました。
その一つの石にはその石の溜まり水で目が良くなったなどとの説明がありました。
http://www.panoramio.com/photo/86304858
奥宮まで、30分程掛けて登っていきました。
道には雪は積もっていないものの、回りは真っ白、
帰り道では滑って転びました。

その途中では、
杉の木の間伐をされている方々がいらっしゃいました。
この急な坂道を、しかも雪が降り路面が滑る状態の中
自動車で登ってきていることに驚いたりしました。
更にその中に、ひげ面の背の高い若い西洋人が居たのにも
驚きました。

その奥宮には、大きな石がそびえ立っていて、
やはり、しめ縄が巻かれており、
間違いなく、この日吉神社では石に神様が下りてくるとして、
最初に石を祀っていただろうと私は思いました。
http://www.panoramio.com/photo/86305003
奥社では、その石に向かって拝ませて頂きました。
で、奥社本殿でもと思って奥社で拝める場所を探しましたが
二つある奥社の社殿の扉は硬く閉じられており、
賽銭箱も見当たりませんでした。

東本宮には国宝があるとのことで、
http://www.panoramio.com/photo/86305140
多くの人が本殿に参拝に来ますが、
やはり、門の外にあるしめ縄がされている二つの石がありました。
http://www.panoramio.com/photo/86305193
そこには何の説明書きもされていません。
そして、参拝に来る方々は、
その石にはまったく見向きもしていません。

再び、入口の料金所に戻ってきて
石の話を聞いてみると、
やはり、しめ縄を張っていた石が神様の降臨石だったようです。
その昔は、奥宮の更に奥の方に、
本来の降臨石があったようですが、
今は、管理もされず、
埋もれてしまっているようなことを言っていました。

おばさんにとっては、
この神社はもっと注目されて呵るべき格を持った神社だ
という思い入れが強いようでした。
で、私が、「ここは比叡山を祀っているのですか?」と尋ねると、
「いいえ、比叡山の神様がここに居るんです。」とのこと、
お祭りの際には、
比叡山高校の生徒さんたちに御輿を担いでもらうなど、
延暦寺との結び付きも強いようです。

京都にとっては、比叡山は東北の鬼門の方向にあり、
この地をきちんと祀っておく必要があったとのことです。
江原氏がこの神社のパワーがすごいという話をされた後には、
沢山の人が押し寄せてきたと言いますが、
今はその影響も薄らいだようです。


私には、ここよりも貴船の方がパワーがありそうな印象がありますが、
それでも、
パワーがある場所だというのは分かりました。



私は、高野山には受け入れられたけれど、
比叡山には拒絶されている。
これには何か訳があるのでしょうか?

高野山は、弘法大師だけが注目されている地ですが、
比叡山は、日本の仏教界をリードした多くの方々が修行した地です。
そのことと、何か関係があるのもかもしれません。

ケーブルで山まで行くという選択もあったのかもしれないですが、
拒否されていると感じている時に、
無理矢理行ってもろくなことがありません。
また、機会を得て、迎えてもらえる時に伺おうと思いました。

で、高野山に登るのを諦め、
次の目的地の佐久奈度神社に向かい、
坂本から離れれば離れるほど、
天気は回復していきました。
そして、時々ふと、比叡山の方に振り返ると、
戻ってくるなと言わんばかりに、
雲がかかり雪が吹き荒れている様子が見えました。


佐久奈度神社に向かう途中で
「石山寺」という大きなお寺がありました。
http://www.panoramio.com/photo/86305308
国宝があるお寺のようで、
拝観料を取るようなので、入るのを止めました。

そのあと、「立木観世音」という寺がありました。
http://www.panoramio.com/photo/86305350
入口は狭いものの、そこの駐車場には沢山の車が駐まっています。
階段の段数、800段、標高にして160mほど登ります。
それでも、階段の登り下りする間に沢山の方とすれ違いました。
どうやら、弘法大師との因縁がありそうですが、よく分かりません。
参拝後、柚子湯を頂いてきました。
その他昆布茶、ほうじ茶も、用意されていました。
お茶代50円を脇のお盆に置いてきました。


賑やかな石山寺、立木観世音の後の
目的地の「佐久奈度神社」はとても寂れて感じます。
http://www.panoramio.com/photo/86305405
ほとんど参拝者は居りません。
にもかかわらず、広ーい駐車場がありました。
何に使うのでしょうか? この広い駐車場は?
河原にあるので駐車場を作るには困らないとはいえ・・・、

本来この神社は、更に河原の低い位置にあったそうです。
川を祀っている神社と思ったら、やはり、この神社は
川の合流点にありました。
神社で御挨拶した後、
河原に出て、大きな石の上でも御挨拶させて頂きました。


その後、豊満神社を目指します。
佐久奈度神社へ行く途中でも
「建部神社」の看板は見ていたのですが、
無視していました。
ところが、豊満神社に行く道を間違えて、
何故か建部神社の前に出てしまいました。
http://www.panoramio.com/photo/86305645
これは、寄って下さいということだと思い、
参拝させて頂きました。
比叡山には入山を断られましたが、
呼んで下さる神社もあるということでしょうか?



草津の街まで来たところで、
極楽湯というスーパー銭湯が目に留まりました。
まだ、今日は40kmぐらいしか走っていません。
暗くなり始めたばかりなので、
これから距離を稼ごうと思えば稼げるのですが、
なんだかくじけていて、あまり走る気になっていません。
で、入浴料が高いようだったら止めようと
ネットで調べると600円とありました。
入る用意をして、中に入ると、土日は650円とのこと、
その場に来て、50円高いからと出ていく気にはなりません。
ゆっくり浸からせて頂きました。

そのあと、マクドナルドでネットにアクセスし、
しが県民芸術創造館という大きな施設の駐輪場に
テントを張るよいポイントを見つけ、そこをねぐらにしました。


走行距離は44kmでした。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこって

Author:ねこって
 世に巣喰う(金融,医療,エネルギー等の)利権を排除し、メディアによる染脳から脱却し、オルタナティブな社会の実現を目指しています。
 キーワード、国民配当(ベーシックインカム)、千島学説、地球環境蘇生運動 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。