スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お遍路旅55日目

2月 17日

草津市の「しが県民芸術創造館」のがら空きの駐輪場にテントを張り、
12時前に床に着いたことから、4時半に目覚めました。
ちょっと早い時間ですが、今日は100km走りたいという想いがあって、
ゆっくりと片づけをして、6時過ぎにはねぐらを出ました。
結構冷えている朝です。
自転車に付けている寒暖計は1℃を指していますが、
この寒暖計で2℃ということは実際にはマイナス2,3℃あるということ、
100円ショップで買ったこの寒暖計の示す温度と、
道路で時々表示されている温度が2~3℃違うことが度々あって、
この温度計をあまり宛てにしなくなってます。

前日までの雨、雪が路面上で凍結していて、
車が走り込んでいる以外の処を走るのは、
ちょっと恐い状況でした。

この滋賀県の当たり、
とてもマクドナルドの多い地域です。
国道を4,5km走ると、次のマクドナルドが現れてきます。
高知を走った時は、
数十km走ってもマクドナルドに出会わなかったのに、
ここでは4,5kmの間隔でマクドナルドがあるというこの違い、
交通量の違いでしょうか? 人口密度の違いでしょうか?
外食産業での消費量は高知県と、滋賀県ではかなり違いそうです。

かなり冷え込んでいるのを感じ、寒いので、
時間的には余裕はあると思い、
国道1号から国道8号に入り、野州市で、
今日出会った二つめのマクドナルドを通り過ぎる時に、
入ろうか迷ったのですが、
「太陽さんに朝の挨拶をするまでは休めない。」
「マクドナルドに入っている間に陽が高くなってしまうのはなー。」
そう思って走り続けていました。


途中、「御上神社」という神社が目に留まり、御挨拶させて頂きました。
http://www.panoramio.com/photo/86435317
二千二百年の歴史ある神社のようです。
神社の謂われに「三上山をご神体としていて鎮祭申し上げた。」
「勅命を受けて現在の地に社殿を造営して遷祀された。」
http://www.panoramio.com/photo/86435329
という下りを読んで、
そういえば、ずっと走り続ける前方に
富士山のような綺麗な形をした山があって
気になっていた山が「三上山」だったとすぐ分かりました。
元々は、三上山にあった祠を今の処に移して神社としている
というところから、神社よりもご神体の山が大切なんだと思い、
本殿に挨拶し後、三上山にも御挨拶させて頂きました。
http://www.panoramio.com/photo/86435366

それにしても、路面が凍結していて、
いくら朝の出勤前の車が空いている時間とはいえ、
転んだ時のことを考えたら、恐いので、
車道から、歩道に入ろうとハンドルを切ったところ、
見た目に何にもなっていないところが、凍っていて、
さーっと、タイヤが滑り、転倒ししました。
けっこうスピードも出ていたこともあり、しこたま左肩を打ちました。
息ができないほど、痛かった~!・・・・・・

暫く何も考えることができず、
打った肩の痛みに、うずくまっていました。
このままではいけないと、
その辺で真っ先に陽が差しそうなところまで歩いて行って、
まだ昇らない太陽さんにご挨拶しました。
その後暫くして、レメディーを持っていたことに気づき、
後ろのバックからホメオパシーのレメディーを取り出して、
アーニカを舐め、
更に、バッチフラワーエッセンスのレスキューレメディーもあったと思い出し、
それを水に溶いて飲みました。
その時点で走り続けるのは困難と判断し、
まだ出てこない太陽さんに挨拶して、
ひとまず、1kmほど戻ってマクドナルドに待避しました。

マクドナルドでは、明日、明後日寄ることとなった
親戚の家へのお土産として
四国で見つけた良いもの、ということで、
「三豊とうがらし」のひょうたん入りひとつずつと、
ハタダの御栗タルトをひとつずつ送るように手配しました。

三豊とうがらしは、クレジットカードが使えないのが、
ちょっと、買いにくくしています。
郵便振替って、商品と一緒に振替用紙を送ってくるのだろうか?
そんな風に思って、注文だけしておきました。


転んだショックから一息つくために、
一旦マクドナルドに待避したものの、
ホメオパシーのレメディーを飲んでいるので、
コーヒーは注文したものの口を付けられず、
フラワーエッセンスのレスキューレメディーを溶かした水を飲んで、
マクドナルドでは過ごしました。

一息つくとは言っても、そういつまでもそこで休んでもいられません。
できれば今日は、関ヶ原は越えておきたい。
そう思っていたので、10時過ぎには、店を出ました。

腕は痛み続け、まったく肩は上げられないし、
何かの都合で左手を使おうとすると、
左肩に激痛が走るような状況でした。

暫く行くと、右前方に大きな林が見えます。
見ると、
「老蘇の森」「奥石神社」と書かれた案内板がありました。
http://www.panoramio.com/photo/86452383
その林に惹かれて、その神社も御挨拶させて頂きました。
朝、御挨拶させて頂いた「御上神社」も孝霊天皇でしたが、
こちらの「奧石神社」も孝霊天皇の時代に遡るようでした。
もっとも、こちらは、孝霊天皇が何かしたというよりも、
その時代に、「石辺大連(いそべおおむらし)」という人物が、
荒れ果てたこの地に植林をして大森林を作り、
人が住めるようにしたと言うことでできた鎮守の森と神社のようです。
謂われには
「繖山(きぬがさやま)」を御神体とする
 最も古く原始的、根源的な神社であったことから
 延喜式神名帳に載せられた。」とありました。
http://www.panoramio.com/photo/86452472
森の気を大切にし、森を守るアミニズム信仰の
名残りが強く感じる神社でした。
それが、今も少しは受け継がれ、
「老蘇の森」として、細々とではあっても残されていることに、
ほっとするものがありました。
http://www.panoramio.com/photo/86452653

昼近くなって、最初の目的地としていた「豊満神社」に辿り着きました。
http://www.panoramio.com/photo/86452874
http://www.panoramio.com/photo/86452919
http://www.panoramio.com/photo/86453118
最近のアミューズメント化に迎合していると感じる神社で、
「5本あるご神木の“女神の木”に触って安らかな心になり、
健康ですがすがしい日々を願う。」
なんてことが書かれていたりしてます。
http://www.panoramio.com/photo/86453023
http://www.panoramio.com/photo/86453048
若い女性をターゲットにして、
神社の存在をアピールしているんだろうなー。
そんな風に思いました。
霊性としてはそれほど強いものを感じませんでした。



次の目的地は「多賀大社」です。
そこまで向かう間に、行く先の先の方に見える白い山が際だちます。

「伊吹山」です。
私には、この山が霊峰でない訳がないのですが、
この山を霊峰として祭っている有名な神社がないことが
不思議でならないでいます。。
何らかの豪族同士の政争で、
伊吹山を霊峰としていた豪族が敗れて、
この山の霊性を歪められているような気がしています。


「多賀大社」には人が多くて驚きました。
神社前にはお土産屋さんも三軒ほどあって、賑わっています。
しきりに糸切り餅を宣伝し、売り込んでいました。
http://www.panoramio.com/photo/86453743
http://www.panoramio.com/photo/86453830
この「多賀大社」は、日本人の祖とされる
「伊邪那岐、伊邪那美」の二柱を祀る神社で、
古事記には「淡海の多賀」として記述され、
多くの著名人により信仰されたとあります。
http://www.panoramio.com/photo/86453872
神社そのものは規模が大きい方ですが、
霊性的には私には良く分からないです。

ここの売店で糸切り餅の試食をしましたが、
歯にくっ付く昔懐かしい飴で、餡を包んだもので、
それほど美味しいというものではないと思いました。
それでも、糸切り餅の揚げ菓子は気になって、
ひとつ80円は高いと思いましたが、ひとつだけ味見に買ってみました。
揚げたてのこちらは、暖かかったため、
飴が柔らかくなっており、食べやすかったです。

ここで私は、1パック千円のフナ寿司が、気になって、気になって、
何度もその前を行ったり来たり、
買おうか買うまいか、迷って迷って、
結局出際に、迷っているぐらいなら買ってしまおうと、
三つ買ってしまいました。
ひとつは、今日の昼飯、
残りはお土産にでもしようかと思いました。
ただ、馴れ寿司なので、好みがはっきり分かれる。
下手な人にあげると、厭なものを買ってきたなーみたいな感じで
即効ゴミ箱行きとなってしまいます。

結局昼飯には、もったいなくて私には食べられず、
持ち歩き続けて居ます。(家に帰り着いて落ち着いてから食べています。)


冬の季節の伊吹山は、その白さで、際だっています。
http://www.panoramio.com/photo/86454080
その麓の関ヶ原という土地は、それほど標高が高い訳ではないのに、
毎年積雪が多く、交通の難所として有名です。
新幹線も、高速道路も、他では通行できても、
関ヶ原で積雪が多くなって不通となることが度々あります。
それも、伊吹山があってのことだと思います。
本当に不思議な山だと思います。

で、多賀神社の後は、伊吹山を祀っていると思われる
滋賀県側の「伊夫岐神社」と、岐阜県側の「伊福岐神社」を地図から探し当て、
訪れることにしてました。
伊夫岐神社の手前に、伊吹の里道の駅があり、
丁度5時直前ということもあって、
伊吹山にあるスキー場帰りのお客さんでごった返していました。
国道から外れたこんな場所に道の駅があると驚いたのですが、
そういう訳だったんですね。
伊吹山様々の地です。
そこから程なく行ったところに、大きな鳥居がありました。
http://www.panoramio.com/photo/86464425
でも、鳥居の下を通るはずの参道は参道になって居らず、
鳥居の奧も雑木林になっているだけです。
それが、いかにも見捨てられた神社になっているか、
察するに余りあるものがあります。

伊夫岐神社の鳥居には「伊吹大神」とありました。
本来「伊吹神社」とか「伊吹大社」とか言われて、
言われて賑わって良いはずの神社がどうしてこんなにも
うらびれて、寂しいことになっているのでしょう?
わざわざ「伊夫岐神社」と『吹』の字に『夫岐』の字を宛てたのには
何か理由があったのだろうと思います。
神社には神主さんは常駐して居らず、
周りの森も切り開かれて住宅地になっており、
手洗鉢はあるものの、寂しい神社でした。
http://www.panoramio.com/photo/86464465
http://www.panoramio.com/photo/86464546


そこから岐阜県側の「伊福岐神社」に向かいました。
途中に僅かながらも峠があり、
それほど遠い距離ではなかったですが、
真っ暗になってから辿り着きました。
http://www.panoramio.com/photo/86464705
http://www.panoramio.com/photo/86464785
この神社には、この滋賀県に入ってからの神社でよく見た
石をはめ込んで造ったアーチ型の太鼓橋がありました。
これは、多賀神社の前にも、豊満神社の前にもありました。
他の地方にはない独特の橋だとおもいます。
現在では、何処も、その橋は飾りとなっており、
その脇に別の橋を架けています。
わざわざ、この渡りにくい橋を鳥居の前に置くところに
その謂われにも興味が湧くところです。

「伊福岐神社」の説明に、
「古代伊福岐山麓に勢力を張っていた伊福氏の祖神を祀ってあり、」
と書かれています。
http://www.panoramio.com/photo/86464749
美濃の二の宮ということで、
元々格が高かったにも係わらず、
今は、多くの村の神社程度の扱いになっているのは、
ちょっと、悲しいものがあります。
http://www.panoramio.com/photo/86465386
おかげで、境内は狭いものの、田舎と云うこともあり、
鎮守の森としてはそれなりに機能しており、
なかなか良い霊気を発しているように感じました。
この次に訪れる時には、明るい内に来たいと思いました。

一応、これで今日回る予定をしていた神社巡りは終わり、
後は、関ヶ原から大垣当たりの、
雪に対して安全な処へ下りていけば良いだけとなりました。


下りてくる途中で、南宮大社という
見るからに大きな神社がありましたが、
そこに立ち寄ることは止めました。
そしてそこから暫く行ったところに、繁華街があり、
マクドナルドもあったりし、
まだ、大垣市には至ってないにも係わらず、
そこに腰を落ち着けてしまいました。


そのマクドナルドで、
南宮大社の方に南宮大社を越え1,2km戻ったところに
朝倉公園という公園があり、
そこには、町民体育館やら、運動場、プールがあるようだったので、
そこに行けば四阿もあり、
安心してテントを広げられる場所があるだろうと、
まだ私としては早い9時半頃に向かいました。

その公園の中、なかなか良い場所がなかったのですが、
夏しか使わないプールの入口に屋根のある場所を見つけ、
自転車の置き場所とは少し離れてしまうものの、
近くの運動場に水場もあったことから
そこをねぐらとしてテントを張りました。

ここまで来れば、明日は余裕で親戚の家に行けると思って、
床に着きました。


本日の走行距離は、102kmでした。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこって

Author:ねこって
 世に巣喰う(金融,医療,エネルギー等の)利権を排除し、メディアによる染脳から脱却し、オルタナティブな社会の実現を目指しています。
 キーワード、国民配当(ベーシックインカム)、千島学説、地球環境蘇生運動 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。