スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能も怖いけれど、重金属も怖いのに

 東電がやっているとんでもない汚水処理の実態の
 一部が暴露されました。

ざまあみやがれい! 2012年01月06日
高濃度汚染水の処理水に含まれる、猛毒ヒドラジンがしゃれにならん……。
世界各国で使用中止の物質!



 私が見る限り、
 東電は、処理しきれない高濃度放射能汚染水をじゃんじゃん垂れ流しているはずですが、
 名目上、形だけの汚水処理もしています。
 その高濃度放射性物質を吸着させるのに、重金属が用いられています。
 それを用いることで放射性物質は除去されるかもしれませんが、
 その重金属は未処理のまま海に放水され、
 放射能と合わせ相当な重金属汚染をもたらしているという情報です。


 そういえば、
(2011年10月31日21時55分 読売新聞)
フリーの記者から要望、処理した汚染水ゴクリ



 なんていう話がありましたが、
 このとき園田康博・内閣府政務官が飲んだ水は
 本当に処理水なのでしょうか?
 現地に行って、
 放流している水を汲み上げて飲んだというのなら納得できるのですが、




 追記、こんなニュースがあります。

<福島第1原発>処理施設敷地内 新たに汚染水
(毎日新聞 - 01月07日 00:15)


 実際の外に漏れた汚染水の量は報告されている10倍以上はあると私は見ています。
スポンサーサイト

テーマ : 放射能 原子力発電 原発 被災 
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこって

Author:ねこって
 世に巣喰う(金融,医療,エネルギー等の)利権を排除し、メディアによる染脳から脱却し、オルタナティブな社会の実現を目指しています。
 キーワード、国民配当(ベーシックインカム)、千島学説、地球環境蘇生運動 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。