スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰もが持っているバイオコンピューターの優位性

 現在のコンピューターは、半導体素子を用いて作られています。
 それに対し、バイオコンピューターはバイオチップと呼ばれる
 DNAの遺伝情報を担う物質であるデオキシリボ核酸を使うとされています。
 それは、現在の半導体コンピューターの1000倍を超える情報処理速度が
 実現できるといわれています。
 ですが、まだ、全くその開発の見通しはついていないと言って良いでしょう。

 しかし、生体の情報処理能力のすごさ、不思議さの研究は進んでいるようです。

 その生体がどのようにして計算しているのかシュミレーションして、
 半導体のコンピューターでも実現できるようにしようというのも
 広義のバイオコンピューターに含まれるようですが、
 それすらもまだ、全く解明できていないのが実情です。

 を持たない「粘菌」が、
 半導体のコンピューター以上の情報処理能力を持っていることが
 ここに報告されています。

AFP BBNews 2012年01月03日
脳を持たない知能のカギ「粘菌」、活躍する日本の研究者たち


 この報告では
 迷路を作って、一方に餌、一方に粘菌を置くと、
 粘菌はその複雑な迷路を迷うことなく最短距離で
 餌まで菌糸を伸ばしていくと述べています。

 更に、熱や光といった複雑な条件を設定しても、
 その条件下で最も有効な対処方法を表すそうです。

 そのような計算は、半導体のコンピューターの苦手とする分野です。



 おそらくこのことは、
 『カン』と言われるものに通じたものだという気がします。

 命あるものは、下等な生命と言われる粘菌であろうと人間であろうと
 『カン』を持っています。
 その『カン』の源がどこから来るかは分かりませんが、
 カンは最大限に自分を行かす方向で行動することを即す情報を
 与えてくれているかもしれません

 ただ、現在の、ほとんどの人々は、
 現代の教育によって、その『カン』を信じることを制限されて生きていて、
 自分にその『カン』があることすら忘れて生きている人が
 多くいるような気がします。


 もっとも、逆に、たびたび『カン』を使う事が好きな方は、
 そのことを勘違いして、
 ほとんど情報収集もせずに、単に『カン』と言って、
 道を選んでしまうことがありますが、
 そうすると、そうやって出した答えは、
 単なるさいころ転がしと同じ結果となってしまうのが通例です。


 『カン』を有効に働かせるためには、
 徹底的に情報収集をして、
 どの道に進むか悩みに悩んで、
 その上で、それを一端手放して、
 神様に委ねた時にやってくるみたいです。



 そして、それは,どんなに半導体のコンピューターが進化しようと
 同等の性能を持つことができない能力です。
 機械と、命ある私たちとの大きな違いの一つではないかと思います。


 『カン』を使うのが上手な人達が多い職業に
 占い師というのがあります。

 彼らは、情報収集の場を、
 カードだったり、生年月日から来る暦情報、星座に求めます。
 そこで、そので得た情報を徹底的に分析し、
 その上で、最後に『カン』を使って、
 単なる情報の羅列だったものからストーリーを見いだし、
 結果を導き出します。

 占いは、非科学的なもので全く宛にならないと
 馬鹿にする人が居ますが、
 この世界はフラクタルにできている。
 というのは、すでに科学者の間でも常識ではないでしょうか?
 とすれば、そこに現れたカードにも、暦や、星座の中にも
 この世界の縮図が現れていて不思議はありません。
 その上、彼らはバイオコンピューターの情報処理のこの点を見逃して
 信じるに値しないと一括しているだけです。

 今私たちは、一人一人が、
 粘菌でさえ持っている『カン』を取り戻し、
 より良い明日に向かって生き抜く道を
 探るべき時に来ているのではないかと思います。

 そのためにはまず、
 良い悪いの判断は後回しにして、
 偏っていない情報収集を徹底的にやるところから
 始めないとならないだろうと思います。


 を持っていない粘菌でさえ、
 様々な条件の中、
 最良の道を見つけ出す能力を持っています。
 その能力が人にない訳はないのです。

 今現在が、どんなに苦しい状況であろうと、
 公正な情報をできるだけ多く収集し、条件を整理し、
 最後は手放して『カン』に従うことで、
 必ず行きたい場所に行き着けるはずだって。
 信じて良いと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 科学
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこって

Author:ねこって
 世に巣喰う(金融,医療,エネルギー等の)利権を排除し、メディアによる染脳から脱却し、オルタナティブな社会の実現を目指しています。
 キーワード、国民配当(ベーシックインカム)、千島学説、地球環境蘇生運動 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。