スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力安全委員会が適切な防護処置を妨害

 今この日本ではおかしなことが起きている
 4月11日の時点で原子力安全委員会が発した「安全デマ」
 これが、ずーーっと生き続けています。


>>原子力安全委員会(事務局)が、
>>ICRPの勧告する被ばく線量に応じた防護を実現することを
>>事実上妨害していたことが、10月3日の記者会見で明らかになった。
 とヤメ蚊さんが申しております。

 ICRPの勧告する放射線防護を無視させたのは
         原子力安全委員会の誤った説明が原因だと確信!
情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊) 2011-10-03



 ここで、ヤメ蚊さんは、
 原子力安全委員会の「低線量被ばく」と
 ICRP(国際放射線防護委員会)の「低線量被ばく」の間に
 ズレがあることを指摘しています。

 原子力安全委員会では、100mSv(ミリシーベルト)/年まで
 「低線量被ばく」としているのに対し、

 ICRPの方では、0.1mSv~1mSvを、「very low」とし、
 それ以上ならば、
 事故によって年間1mSv(ミリシーベルト)以上の被ばくを受ける地域では、
 その地域の住民のうち何人が癌で死亡すると想定されるかという損害算定
 しなさいというICRPの勧告があることを指摘しています。


 政府も、マスメディアもICRPの勧告を無視し、
 「100mSv(ミリシーベルト)/年までは健康に被害がない」
 「低線量被ばくのリスクからがん死の増加人数を計算することが適切ではない」
 と原子力安全委員会のこの言葉を
 錦の御旗、黄門様の印籠のように使い続け、
 国民を被ばくさせ続けて居ます。



 東京電力の支援組織の「電力中央研究所」ですら、
 「低線量放射線の発がんリスクに関連する報道について」として
 米国科学アカデミーの報告を引用し、
 がん死亡率として(職業上の被ばく限度である5年間で)
 1000mSvの被ばくで100人に5人(100mSvでは100人に0.5人)
 5年間で100ミリシーベルト(mSv)の被ばくで
 約1%の人が放射線に起因するがんになる
 ことを認めています。
http://www.denken.or.jp/jp/ldrc/study/topics/20050722.html


 つまり、5年で100mmSvってことは年20mmで100人に一人が癌となり、
 その内の半数が死ぬってことです。
 ガンを患って、10年20年と生きる人の方が珍しいことを考えたら、
 この文章はこの5年の間に癌で死ぬ人が0.5%の確率だということでしょう。



 そして、ヤメ蚊さん
 最近朝日新聞から出版された本も、
 原子力安全委員会の言葉をして、
 「安全デマ」を広めようとしていることを問題視しています。

100mSvでも安全としたのは朝日新聞東京本社報道局
               ~これでも「安全デマ」していない?
情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊) 2011-10-01




 本来、朝日新聞のするべき仕事は、
 4月11日の時点で原子力安全委員会が発した「安全デマ」を
 厳しく批判することだった。
 ところが、
 朝日新聞が9月15日に発行している本「放射能と原発・大地震」の中にも
 「年間100目理シーベルトを超えなければ、体に永久は出ないとされている。
  20ミリシーベルトはかなり、余裕を持った数字だ。」
 とのたまわっているそうです。

 政府も、マスメディアも東電と同じく
 被害を小さく見せ、被爆者を増やしても
 原発利権を守ろうとしている利権者の仲間です。
 彼らの言葉を安易に信じていては、
 自分たちの命をないがしろにすることになります。



 政府の機関が「安全デマ」を飛ばし、
 それを「おかしいんじゃないの?」
 ということを語るのは『風評被害』とされるこの国の現状
 それに対処していかないとならないと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 放射能汚染
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこって

Author:ねこって
 世に巣喰う(金融,医療,エネルギー等の)利権を排除し、メディアによる染脳から脱却し、オルタナティブな社会の実現を目指しています。
 キーワード、国民配当(ベーシックインカム)、千島学説、地球環境蘇生運動 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。