スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの庶民にもメリットのないTPP

アメリカの貿易赤字が解消されないのは、
自国の産業を自由化によって、途上国の安い製品により
自国の産業を衰退させ、金融取引というバクチだけでGDPを稼いでいたためです。

今アメリカには、ほとんど製造業が残っていません。
残っていると言える産業は、特殊な航空機と宇宙、軍需産業、
IT産業はといえば、IBMはレノボに製造部門を売り渡し、
CPUやMPUの設計はしていても、製造自体はアジア任せです。
アップルのiPhone 、iPadもアメリカでは製造していません。

それ以外の、農産物は、今も世界的な輸出国ですが、
第一次産業の付加価値の低さは、世の多くの人が知っている通りです。
輸出入の貿易量が同等であったとしても、
すぐに10倍ぐらいの利益の違いが生じてきます。
これは、これまで先進国諸国が、かつて植民地だった途上国との貿易で、
途上国の利益を吸い上げてきた原動力です。

オバマ大統領は、今更ながら、製造業の再発展を目指し、
アメリカの自動車産業のてこ入れをしていたりしていますが、
遅きに失している感があります。
車の製造には、周辺の産業も復活しないと成し得ません。

現状、車の売り上げが伸びたとしても、部品を輸入に頼っていたのでは、
かつて日本が海外に工場を持っていった時に、
組み立て工場だけを建てたのに似ています。

そもそも、現在はほとんどのマネーが一部の資本家に巻き上げられていて
政府が量的緩和を繰り返し、ドルの価値は失落させてしまったため、
庶民は、デフレに次ぐデフレで、購買する能力がありません。
それは今、アメリカの全産業を覆い、庶民の生活を苦しめています。

オバマ大統領は、ドルが安くなれば、必然的にアメリカの製造業は強くなると考え、
自由貿易の中で、ドル安誘導をしているようですが、
それは、米国政府の破産時期をたぐり寄せているに過ぎません。

結局、ドルが安くなるということは、最下層の作業者の給料が安くなるということで、
それは、作業員にとっては物価は上がるのに自分の実質賃金は下がり続けるという
状態を生むことになります。


結局、TPPはアメリカのほとんどの国民にもメリットはなく、
バクチ金融界の胴元をしている
ごくごく一部の資産家だけを儲けさせることになります。





TPPはアメリカを救うか?
実はアメリカ人にもあんまりメリットがないTPP~買収された民主主義~




【海外ネタ】アメリカ人だってTPPには反対だ!―アメリカによる反TPPの意見




TPP最速最強の解説CommentsAdd Star
牧村しのぶのブログ > 2011-10-21




「TPPは社会的共通資本を破壊する!」宇沢弘文東京大学名誉教授
杉並からの情報発信です 2011-11-01 20:39:12



スポンサーサイト

テーマ : TPP
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

引用感謝

以前張った記事を使っていただいてありがとうございます。

アメリカは「時代遅れのヨーロッパ」ですからね。ヨーロッパ人は最近になって「豊かすぎる生活はできないが、最低限の生活はお互いに守りあおう」というシステムを目指してるけど、アメリカはその逆。

いまだに「いかに奴隷を使って(マネージして)豊かになるか」ばかり考えてる。
以前なら日清・日露戦争からマレーの虎、インドネシア独立(千人の日本兵が「自主的に」駐在して戦う)まで「奴隷やめようぜ!」とやったが、アメリカはいまだに奴隷からの反逆を受けてない。

今回は日本や欧州が「奴隷なんぞ古臭いよ」という前に自滅する路線に行ってる。なぜなら、アメリカ国民まで奴隷にしてしまってるから。

TPPは貴族(資産家)が途上国・日本を「隷属化」させると見せかけて、結局は荒地しか残らない。そうするとアメリカ人自身が自分達も貴族の横暴に巻き込まれてるとなおさら確信して動く。

近代になってからの軍人は貧民がなるものですからね…。彼らが本気になったら何が起こることやら。(ちなみに、世界恐慌の時も退役軍人がキャンプ張って抗議してるところを鎮圧してましたが…そんな光景がもう一回見られるんですかね?わかりませんが。)

Re:引用感謝

TM2501様

コメントをありがとうございます。

TM2501様の文章に大いに刺激を受けました。

未だに、奴隷を使うことが自分を豊かにすると考えて、
この世界の全ての人々を奴隷にしてその上に君臨しようとする輩が割拠しています。
そういう経済音痴が世界を牛耳っていることに恐怖を抱きます。


これだけ工業化、自動化が進んだ生産物がだぶつく社会では、
生産者よりも消費者の方が重要なんですけれどね。

彼らは、自分たちの破綻した銀行は政府に救済して貰い、
破綻する国家からは、国民が飢えていようが、貧窮していようが構わず
借金の返済を迫ります。

そうやって、多くの人が食いっぱぐれて格安で手放した財産を
片っ端から超安値で買い叩けるとほくそ笑む許しがたい連中です。

アメリカの庶民、ヨーロッパの庶民とつながりを形成し、
共同戦線を張る必要があります。


おそらくアメリカの国内の兵士は傭兵を使うと思います。
自国民の兵士は自国民を討伐すことを躊躇しますが、
傭兵は平気で国民を討伐することでしょう。

斎藤やすのり氏ツイート

https://twitter.com/#!/saitoyasunori/status/179487672849530880
斎藤 やすのり ‏ @saitoyasunori
TPPのことは米国の国民には知られていません。なぜなら、米国国民の多くが忌み嫌うNAFTAのワイド版ということを知られると、日本と同じように反対運動が起きるからです。TPPは1%の富裕層が儲かる仕組みなのです。@bluecina

https://twitter.com/#!/saitoyasunori/status/179152921303334912
斎藤 やすのり ‏ @saitoyasunori
#TPP きょうの国際シンポジウムで米・NZ・韓国の識者、議員が口を揃えて「交渉の中身を国民に伝えずに、国にとって都合の悪い、資本家にとって都合の良いことを秘密裡に進めるのがTPPだ」と発言したこと。資本家の私腹を肥やすためのルールを作るために、国内法を破壊するのが目的なのだ。
プロフィール

ねこって

Author:ねこって
 世に巣喰う(金融,医療,エネルギー等の)利権を排除し、メディアによる染脳から脱却し、オルタナティブな社会の実現を目指しています。
 キーワード、国民配当(ベーシックインカム)、千島学説、地球環境蘇生運動 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。