スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の一年祭

 丁度三月十一日が日曜日でしたので
 父親の一年祭を催しました。

 この時期は、まだ、日の光が弱く、
 暖房もままならない我が家は寒いし、
 下手をすると、雪で車を駐めておく場所も確保できるか不安でしたが、
 この日が日曜日だったというのは、何かのお告げかと思い、
 50日祭は、私の都合を受けて、かなり日を遅らせたのですが、
 一年祭はきっちり一年目に行うことにしました。

 前日は、しっかり雪が積もり、半日雪が降り続くような天気でした。
 駐車スペース確保の為、春の湿った重い雪の雪かきして、かなりつかれました。
 でも、当日はとても天気が良くて、暖かく、
 日当たりの良い暖房を効かせた部屋は、暑いほどでした。

 そして、その日の夕方から再び雪が降り出して、
 今日もまた雪です。
 本当に、狙ったように、その日だけ天気が良かったのは
 その日に一年祭をやることが望まれていたんだろうと、
 やっぱり思いました。


 儀式には親戚だけに集まっていただき、
 神主さんも含めて総勢10軒、17名
 で執り行いました。

 引き出物に何をするか悩み、
 自分で打った蕎麦を1軒当たり6人前ずつ、
 と、自家焙煎のコーヒー(キリマンジェロと、マンデリンを100gずつ)
 それに、自作酵素を作った時のカスを再発酵させて
 それをパン種にした酵素パン、約一斤分、
 それと近所のお菓子屋さんのお菓子、

 だいたい、1軒当たり4,000円程度で済みました。
 その後、お齋で一人5,000の料理、

 と、一人当たりのコストは1万円掛からなかった計算です。
 おかげで、このままではけっこうな黒字となってしまいます。
 高額を包んで下さった方には、商品券を返そうかと考えています。





 父が亡くなったのは、3月11日の早朝でした。
 仕事を始める準備をしているところで連絡をもらい、
 工期が迫り、ばたばたしているところでしたが、3日休みを貰いました。

 父は亡くなる前、最後に世話をしてくれた姉が葬儀に参加できるよう、
 姉が入っている宗教での葬儀を希望していたので、
 その方法で、葬儀をし、その週末に、偲ぶ会として、
 一般向けの会を催すという変則的な葬儀となりました。

 葬儀を2回やるようなものでしたが、
 一応皆さんには満足していただけました。

 結局、こういうのって、亡くなった本人よりも、
 残された人が納得するかどうかが大事だったりします。




 当日は友引で、その後、大地震が起こり、
 多くの方々と連れだって、旅だったという印象を私は抱いています。

 父の命日は忘れることが出来ない日となってしまいました。


 多くの被災されてなくなった方は、まともに葬儀も挙げてないと思います。
 そのことを思えば、私たちは、こうしてなくなった父の一年祭を催し、
 親類にも来ていただき、弔うことが出来、

 なんと、幸せなんだろうと思います。
 被災され亡くなられた方々の冥福を共に祈らせていただきました。


 片付けが終わり、夜になって、礼服を片付けようとしたところ、
 胸ポケットに何か違和感が、
 見たら、神主さんに渡すはずだった、玉串料が出てきました。

 慌てて、雪の中、神主さんのところに行って、渡してきました。
 丁度、私が引き出物として包んだ中の蕎麦を食べていたらしく、
 とても、美味しい蕎麦だったと、喜んでもらえました。

 ちなみに、神主さんは、私の中学の頃の同級生、
 彼は、コーヒーも好きで、私の自家焙煎のコーヒーも
 喜んでもらえることと思います。

 あちこちで、引き出物を度々もらう神主さんとしては、
 普通と違うこういう引き出物は嬉しいだろうと思いました。

 昨日の報告、終わり
スポンサーサイト

テーマ : 最近の出来事
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこって

Author:ねこって
 世に巣喰う(金融,医療,エネルギー等の)利権を排除し、メディアによる染脳から脱却し、オルタナティブな社会の実現を目指しています。
 キーワード、国民配当(ベーシックインカム)、千島学説、地球環境蘇生運動 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。