スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキタイの末裔

 今、世界を支配しているのはアメリカという国です。
 ほぼ、世界がこの国の政府を牛耳っている連中の思い通りに操られてる
 と言って良いでしょう。
 20世紀という時代は、
 それまで隆盛を極めたイングランドから世界の支配権を奪い、
 アメリカの新自由主義的文化が世界を圧巻し、
 世界の価値観として流布されました。

 この時代の支配者はユダヤだという説もありますが、
 それと共に、この時代を支配した人々は、ゲルマン系アングロサクソン人だ
 という見方もあります。
 ある意味、白人至上主義、白人優生論的な見方です。
 
 ちなみにロスチャイルドは自らをスファラディーと言っているようですが、
 私がロスチャイルドの創始者マイヤーの模写を見る限り
http://goo.gl/5253e
 鼻が高く彫りが深く、明らかにゲルマン系のアシュケナジーの顔立ちです。
 スファラディーであるならばモンゴロイド系の顔立ちのはずです。
 本によっては、マイヤーが
 アシュケナージ(アシュケナジム)・タルムードのユダヤ系ドイツ人であると
 主張しています。
 その顔立ちから観て、おそらく、それが正しいと私は思います。


 彼らは、自由主義を説いていますが、
 実は強固な民族優位主義を持っていて、
 自分たちが有色人種よりも高い立場にあると確信しています。
 ですから、有色人種の国家国民が虐げられていることは構わないし、
 世界は自由で平等でなければならない。
 と自分たちが都合が良いように自由主義の旗を振り回し、
 かつては植民地だった途上国の貧しい人々から
 自由の名の下にカネの力を利用し、ありとあらゆるモノを巻き上げました。
 その波は自国内にも及び、今やアメリカ国民の12%がフードスタンプ受給者で、
 且つ、同じユーロ圏であっても、南方系の民族の国家は食い物にされています。
 最近話題になって、経済的劣等国と言われているPIGS諸国がそれです。



 さて、その、ゲルマン系アングロサクソンの系譜とはどんなものでしょうか?
 ゲルマン人の起源は、
 ウクライナを中心に活動していた遊牧騎馬民族であるスキタイである
 と言われています。

 スキタイというのは古代ギリシア人によって呼ばれた「スキュティア地方の人々」という
 この西アジア地域の諸部族をまとめて指す際に使われた呼称の意味です。
 紀元前8世紀~紀元前3世紀ごろ栄え、その痕跡しか観られないため、
 それが、アーリア系なのか、モンゴロイド系なのかすらはっきりせず、
 その起源も、黒海周辺説、南シベリア、モンゴル説など、いろいろ言われています。

 中国では匈奴として怖れられた騎馬遊牧民族です。
 彼らは、各地に遠征を行い、戦争や略奪を繰り返しました。

 2012年06月15日 なんでや劇場レポート
http://www.sa-yu.net/blog/2012/06/002287.html

 その末裔が、現在の世界の支配者になっている
 というのが、ここに紹介している「なんでや劇場レポート」です。




ついでに、

 天皇家に対しても、江上波夫氏の「騎馬民族征服王朝説」というものがあります。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA3F_hb/a3fhb204.html
 大和朝廷を樹立したのは4~5世紀の頃であったとみなし、
 扶余族系の騎馬民族が、ひとまず任那に「辰王国」を建てた後、
 九州に上陸して大和へ東征し、日本国家の基礎をつくったと想定しています。





おまけ記事

 世界各地に、日本の毛利元就の3本の矢のような話があります。
 毛利元就は1本では折れるが3本まとめれば折れないから、
 兄弟力を合わせよとあるのですが、
 他の国の3本の矢、5本の矢の話はちょっと違います。

 たとえば、ロスチャイルド、
 ロスチャイルド家には、5本の矢(Five Arrows)という話があって、
 それはロスチャイルドのマークにもなっています。
 その考えの根底には、5人の息子が別々の地で分散して
 (フランクフルト、ウィーン、ロンドン、ナポリ、パリ)生きることで、
 誰かが自分の血を受け継いで生き残ってくれるという期待があったようです。

 これは、関ヶ原の合戦を前に、東軍と西軍両方に自分の子供を分け、
 どちらが勝っても自分の子孫は生き残るようにした真田昌幸に似ています。

 日本ではこういう手合いは狡賢いとして嫌われますが、
 その狡猾さがこの世界を生き残るわざともなり得るという話です。
 それが、スキタイスタイルといったところなのかもいれません。


 元々のこの束ねられた矢の起源は、
 チンギスハーンの祖先の寓話だったようです。
 そして、面白いことに、
 白頭ワシと束ねた矢のシンボルはアメリカ合衆国の国章になり、
http://blogs.yahoo.co.jp/alternative_politik/archive/2010/02/22
 ロスチャイルドを始めとした多くの銀行がシンボルとして使っているようです。

 象徴としてそのようなところに何故現れてくるか?
 それこそが、その組織の源流と思想を著していると言えると思います。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこって

Author:ねこって
 世に巣喰う(金融,医療,エネルギー等の)利権を排除し、メディアによる染脳から脱却し、オルタナティブな社会の実現を目指しています。
 キーワード、国民配当(ベーシックインカム)、千島学説、地球環境蘇生運動 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。