スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界食料危機

 世界最大の穀物主産地のアメリアで
 25年ぶりの干ばつが起きていることは
 聞いていると思います。

 米農務省はアメリカ25州の1016郡が
 干ばつの自然災害地域として宣言しました。
 地図で赤く塗られたところがその干ばつ宣言を出した郡です。
thumbnail2.jpg

 シカゴ商品取引所のトウモロコシと大豆の先物相場が
 08年のピークを連日超えているようです。

 08年というのはブッシュ大統領がバイオ燃料を語り、
 その折しも、アメリカやソ連でも干ばつが起こり、
 世界中の穀物が高騰し、多くの途上国で暴動やデモが多発して
 混乱した年です。

cboth21.jpg



 今の小麦相場は12$/tを超えた08年のピークにはまだ遠いとはいえ、
 18日にはロシアの禁輸等による高騰時のピークを超え、
 08年4月以来初めて9ドルを突破しました。

 ただ、米価だけは、08年よりもかなり低い価格で推移しています。
 とはいえ、08年の米価が異常だったのであって、現在の600$/tでも
 2001年の頃の3倍の価格だということは頭に置いておきましょう。
4710.jpg



 日本においても、
 トウモロコシや大豆に依存する家畜飼料→肉・卵・乳製品や
 食用油の値上りは必至で、
 今後の推移によっては小麦に依存するパン、麺類などの
 食品の値上りもあり得るだろうと言われています。

 小麦についてはアメリカのみならず、
 ロシアやウクライナの干ばつによる不作の予想も出始めており、
 これらの国が再び禁輸や輸出規制に踏み切ることがあり得ます。


 今、日本は政府が大きな赤字を抱えていて「通貨が危険な国」と言われ
 日本国債はAAA→AA+→AA→AA-と3段階引き下げられています。
 それに対してアメリカ国債は昨年8月にAAA→AA+に落っているだけ
 にもかかわらず日本円は、唯一スイスフランに負けている以外は、
 何処の国の通貨に対しても高騰しています。

 2008年当時1ドル110円 1ユーロは160円でした。
 2012年1ドル80円 1ユーロは100円と言ったところ


 ですから、日本は円高だから、大きな影響はない
 と高を括ってはいけません。
 ロシアだけではなく、何処の国であっても、
 自国民が飢えている様であれば、いくら高く売れるからといっても、
 穀物は売らなくなるのです。

 そのことをしっかりと頭に入れて置いて下さい。


 日本の米は高いと不満を言う方も多いようですが、
 幸いにも、そうやって農業を保護してきた結果、
 世界中が穀物不足で大騒ぎしても、
 日本国内では米だけは確保できそうです。

 最も、8月の天気次第で
 (いつまでも梅雨が明けずに、じめじめした夏を迎えると、)
 日本国内の米事情も、1993年米騒動再来も有り得るのです。

 そうなった時には来年は、当時評判が悪かったタイ米すら
 口にできなくなる可能性もあるのです。

 今からでも遅くはありません。
 消費税による値上げもあり得る事も含めて
 半年分ぐらいは確保しておいた方が良いかもしれません。
 できれば放射能の心配のない一昨年の古米が良いかもです。
 籾で持っていれば容積は嵩張るかもしれませんが、
 味の劣化は最小限に抑えられます。



さてはてメモ帳 Imagine & Think!  2012年 07月 19日
http://satehate.exblog.jp/18245622/



スポンサーサイト

テーマ : 国際経済
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこって

Author:ねこって
 世に巣喰う(金融,医療,エネルギー等の)利権を排除し、メディアによる染脳から脱却し、オルタナティブな社会の実現を目指しています。
 キーワード、国民配当(ベーシックインカム)、千島学説、地球環境蘇生運動 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。