スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとした個人的ご報告

 実は、7月22日に妻から離縁を申し渡され、
 それがショックでものが喉を通らなくなり、
 それ以来『不食』状態が続いています・・・。


 というのはウソ、
 まあ、離縁通告は本当だけれど、
 ものが喉を通らなくなったというのはちょっと違います。
 でも、その後ほとんどものを食べなくなったのは事実です。


 最初にモノを食べない生活をし始めたのは2年前、
 実は、その頃事故で10日ほど入院し、
 点滴だけで食事をしなかったのをきっかけとして、
 ほとんど食べない生活をしばらくしていました。
 そのときには、めちゃめちゃ体力が落ち、
 病院の中の階段の上り下りがとてもきつく、
 退院してもほとんど食べない生活をし続けて、
 体力が回復するのに大分掛かりました。

 更にその上、その頃、MMSを始めていて、
 それが食べてない体にはとても強く反応してしまい、
 その他、回りで食べている人から受ける誘惑にも負けて、
 その二ケ月後ぐらいには徐々に食べるようになっていきました。


 今回は、2年前に中途半端に終わっていたMMSの摂取を完了したことで
 そのとき実現できなかった『不食』が実現した格好になってます。
 今回の、MMS摂取の最後の方では、
 碌な食事もしない状態で1日4回1回15滴のMMS摂取をしてました。
 その頃の食事状態といえば、
 ほとんど、MMSを摂取するための豆乳カルピスだけという状態でした。

 それが、MMSの摂取を止めたことで、
 そのカルピスすら飲まなくなっり、
 何となく「不食」になってしまったのです。
 その最後のMMSの飲用を終えたのが
 7月22日の妻の三行半の日と重なっていたということです。



 体重は、一時期70kgを超え、
 今まで履いてきたズボンもワンランク太いモノにする必要があるか?
 と考える様な時期もありましたが、
 2年前のチャレンジで学生の頃の体重の58kgにまで落ち、
 食事を摂るようになって、62kgまでまた増やしてしまっていましたが、
 今回は56kgにまで体重が落ちています。
 (今日計ったら67kgだった。)

 体が『不食』に至っていないと、
 体内の燃やせるものを全て燃やそうとするので、
 更に更に体重を落として、
 歩くことすらままならないほど体力を落とすことになりますが、
 今回は一時的に、息切れがあったにしても、
 二年前に食べなくした時ほどの辛さはありません。
 まあ少し夏ばてしたかな? という程度の体力低下で済んでます。
 2年前よりも大分、体が軽いです。
 チャリで走り回る分には全く問題ありません。


 食べない状態を続けているので、確かに腹は減ってます。
 でも、耐えられないほどの空腹ではありません。
 食べようと思えばいくらでも食べられるけれど、
 あえて食べたいと思いません。
 というよりも、食べてしまうと、その後に逆に空腹感が強くなるので、
 あまり食べたくはありません。
 食べるのを耐える替わりに飲む方はいっぱい飲んでいます。
 水に、コーヒーと緑茶、それと、夜にはウィスキーをちびちびやってます。
  (私は晩酌をしない人でした。)

 最近、オールドパーが\3,000-というのを見て誘惑に負けて買ってしまいました。
 それを舐めています。
 昔は\15,000-ぐらいしていたと思うのですが、\3,000-にはびっくりしました。
 さすがに、オールドパー、メチャ香りが高く美味いウィスキーですね。
 高いウィスキーではシーバースリーガルなんてのがありますが
 これも\2,480-なんていう値段で売っていたりしましたが、
 オールドパーを飲んじゃったら、全然比べものにならないです。

 考えてみれば私が酒を飲み始めた
 サントリーオールドが何処の飲み屋にでもあった頃って、
 高級酒サントリーオールドが4,400円で、今はそれが1,450円で売っています。
 国内の生産品も1/3になっています。
 その頃、1ドルが360円、それが今は1ドルが80円、
 円の価値が5倍近くにもなっていたんですね。
 金を持っている人には、これまでにないほど
 金の使いようがあるありがたい時代です。



 処が金のない人にとっては、
 昨年の全収入200万円なんて人のところに、
 国民年金36万、健康保険36万とか請求してきて、
 その上消費税上げますって、
 「一体いくらで生活しろと言うんだ!」
 現代社会、完全に弱者は強者に搾取し切られていますね。
 そんな弱者が生活保護費を少しばかりだまし取ったと大騒ぎして、
 それこそ社会の大本の搾取の方をを見逃して、
 許し切っている社会って何なのでしょう。
 中学校のいじめ以上に陰湿な社会です。
          余談でした。


 で、妻に三行半を突きつけられ、
 これから、どうしようかオールドパーで酩酊しながら考えたところで、

 泊まるのをテントにすれば、チャリで移動する限り
 ほとんど無銭旅行が可能だなーと思い出し、
 無性に旅に出たくなりました。
 今は、仕事もないので、行っちゃおうか?

 昨年から、ある試験のために勉強を続けていましたが、
 めでたく、このほど落ちました。
 一応生活資金は来年の3月まではあるので、
 妻もそのときまでは離縁しないようですが、
 金の切れ目が縁の切れ目、ということのようで、
 生活能力のない私から離れることを決めたようです。

 おかげで私は吹っ切れてしまいました。
 このまま、来年も受験するために勉強を続けるという道もあるのですが、
 今は、あまりそういう気分になっていません。
 一応、勉強は続けられるよう、手は尽くしていますが・・・。
 気力が続かないような気がします。


 食べる必要がなくなったところで、
 これからなんとでもなるような気がし始めています。
 たとえ妻に離縁されても
 娘の養育費ぐらいは何とかしなければならない訳ですが、
 私の感覚ではいくら金を蓄えていたとしても、
 これからの時代どうなるか分からないので、
 いちいち、蓄えが底を着くと恐怖していても仕方ないと思えています。




 さて、旅の方法ですが、
 キャンプ場などにテントを張ればつまらない出費を強要されるので、
 その辺の神社や河原で暗くなってからテントを張って
 明るくなったら出て行くみたいにして行こうかと思っています。

 今まで国内は、食費、宿泊費、が海外での旅行に比べ高額になるので、
 異文化に触れるという意味でも面白味が少なく、
 回ることがありませんでした。
 しかし今回は、この状態なので、旅+不食の実験的意味合いも含め、
 自分が生まれた土地のパワースポット巡りでもして来ようかと、

 今週末は松本の夏祭り、松本ボンボンにおいて、
 ある連体で先頭で踊る約束をして居るのと
 盆前には、親戚の催事があるので一旦は戻ってくないとならないので、
 まずは、来週、関東方面に5日間ほどのテスト旅行に行こうと思います。

 最近、三峯神社の話を聞いたので、
 興味があるのでちょっと行ってこようかと思って居ます。
 我が家より180kmとのこと、
 無理すれば二日で往復できる距離ですが、
 このところあまり運動して無い身にとっては、
 用心して5日ぐらい掛けるつもりでゆっくり回って来ようと思います。

 その後は、温かい内に東北北海道でも回ってこようかと、
 秋には四国のお遍路札所巡り、それ以降は九州にでも行こうかな?

 残念ながら無銭旅行では、沖縄などの離島は無理ですね。
 北海道も、青函連絡船だけは金を払わない訳にはいかないでしょう。


 チャリでの旅の道具は10年前に
 香港からタイに向けて走った時に買いそろえたものが使えるので、
 それほど旅の用意に金は掛かりません。
 (と言いながら、旅をするならあれが欲しいこれが欲しい
  と浮かんできてしまい困っています。)

 食べる必要がないとうのは荷物にしてもかなり減量でき、
 かつての旅行ではフロントにもリアにも大きな荷物を抱える必要がありました。
 今回は、装備の量を半分にでき、フロントバックへつります。
 国内なので、途中で自転車が壊れても
 何とかなるという強みがあります。

 海外でチャリで旅をしようと思ったら、
 リペア品をそれなりに充実させる必要があります。
 前回の中国の旅でも、いろいろ持っていったリペア品が
 大いに活躍しています。


 そして、来年は・・・、
 いよいよ、夢だったチベットのカイラスに向けて
 旅立つなんてことも考え始めています。
 何しろ食べる必要が無くなっちゃったので、
 雨風をしのげれば、もぐりで旅行ができそうです。
 チベットにおいても、
 入域許可証を持っているかどうかをチェックするのは
 ほとんどが泊まった宿なようで、
 宿に泊まらず、食事で食堂にも入らなければ、
 検問を上手くすり抜けられるかどうかが課題になるだけ、
 尋問された最後の手段は、袖の下で逃げようか?
 ってところです。

 娘の養育費を何とかしなけりゃなんないのにね~。
 遊ぶことばかり考えて、困った人です。
 いずれにしても、来年には来年の風が吹くでしょう。



 最近、再び、サンゲイジングを始めています。
 2年前ぐらいまで1年半ほどやっていましたが、
 忙しくなったりしてやらなくなってました。
 そして、最近『不食』状態となり、
 数日前、日の出の太陽が見え、
 久しぶりにサンゲイジングをやってみました。
 それから思い出したようにサンゲイジングを始めまています。

 3,4年ほど前にサンゲイジングをやっていた頃は
 梅雨明けにこれほど朝、太陽がまぶしく輝くこと少なかったのに
 不思議に最近はサンゲイジングができる日が続いています。

 で、このサンゲイジングをやると、
 その後、何も食べてないのに
 不思議にお腹が満たされる感覚があります。
 おもしろいですねー。

 こりゃ、サンゲイジング欠かせなくなりそうです。



 『不食』を目指そうと思ったのが5年ほど前になるようです。
 私が最初に『不食』を知った日記 2008/01/15 がありました。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=684911666&owner_id=3910831

 で、2008/02/02にはサンゲイジング始めたとしたためています。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=702173935&owner_id=3910831


 ということで、4,5年掛ければ私のような軟弱な者でも
 『不食』に至れるようです。
 おそらく、2年前、もう少し意思が強ければ、
 『不食』に至っていたと思います。
 私の軟弱さ故、倍も時間を掛けてしまったということで、
 お許し下さい。


 人というのは、依存しやすいモノを
 少しずつ増やすというのは可能でも、
 少しずつ減らすというのはとても難しい気がします。
 酒もたばこも断つ時には、少しずつでは不可能で、
 いきなり全て絶たないと、減らすということは難しい
 って知られています。
 食を絶つのもそれと似ています。
 ただ食の場合、いきなり絶つと、生命維持さえも危うくなるので、
 その辺で、自身の食い意地とどう向き合うかは
 自分自身との難しい駆け引きがあるような気がします。

 私がこうなる前には、
 家族と様々な近所バイキングの店を食べ歩き、
 焼き肉を思い切り食べたり、
 近所の有名ラーメン店10軒を渡り歩いたりしています。
 そうやって、食べることとお別れする準備(?)をしてきました。

 そのようにして、こんなものって見切りを付けられるところまで来て、
 初めて食を絶つことができるような気がしています。
 それでも、腹の方ではなくて、今までの習慣的な意識の方で
 食べることを欲するというのはよくあります。

 たとえば、暑い日差しの中、市内を自転車で走り回り
 喉がカラカラ渇いたところで、冷たいソフトクリームの看板を見かければ
 食べたくなるとか・・・、
 無類の甘いモノ好きの私ですが、
 これまでそこで見たことなかったおしゃれなケーキ屋さんができたのを見て、
 その店のケーキを味見したくなるとか・・・。

 体は必要を訴えていなくても、目や、耳から入ってきた情報が
 私を誘惑してくれます。
 「その誘惑を断り続けることに慣れて
 本当の『不食人間』になるのでしょうね。

 私の場合はまだそこまでは行けてない気がします。

 この状態が一年続いたら、
 それを宣言できるかもしれません。
 とはいえ、既に体の方は、
 食べなくても生きていけるようにはなっている感じです。


 我が家の物置には、籾やら様々な保存食品が詰まっていますが、
 自分のためには全く必要なくなってしまったようです。

 この春、自作酵素もいっぱい作ったけれど、
 娘は不味いと言って飲んでくれず、
 そのまま余っています。

 私自身もほとんど酵素は飲んでいません。
 酵素を絞ったカスをの方を勿体ないと思って、日干しして
 それをたまに口に放り込んで満足しています。
 それだけで何十年分もの食料です。

 世の中には、『ローフード』と称し、
 マクロビオテックを更に厳格化し、
 「一日1食、生のものしか食べないのが体に良い。」と主張し、
 青汁や生野菜で生きている人達が居るようですが、

 私は生野菜以上に、
 発酵食品をお奨めしたいと思います。
 おそらく、生野菜を食べる以上に体に効くと思います。
 そして、私が今回こうやって楽に『不食』を実現したのも、
 サンゲイジングの他、発酵食品で体をつくり
 腸内細菌を繁殖させた結果だろうと思います。




 今回私が『不食』状態となって、
 官邸前にハンガーストライキでも張ろうかとも思ったけれど、
 いろいろ考え、
 確かに反原発運動としては大事なんだけれど、
 そこに出向くことはしないことにしました。



 我が奥様に三行半を突きつけられた私ですが、
 幸か不幸か、
 そのおかげもあってか、これまでの価値観とは全く違う方向に
 芽が伸びそうな予感を抱いて居るこの頃です。

スポンサーサイト

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこって

Author:ねこって
 世に巣喰う(金融,医療,エネルギー等の)利権を排除し、メディアによる染脳から脱却し、オルタナティブな社会の実現を目指しています。
 キーワード、国民配当(ベーシックインカム)、千島学説、地球環境蘇生運動 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来場
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。